戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(4)

前回:戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(3)

石巻山登山から神社めぐりにハマりだしたのと同じ頃、まったく無関係のところから僕の神社めぐりに関係してくる出来事がありました。
2014年9月20日、こんな事故のニュースが流れました。

20日午前11時40分ごろ、大阪府交野市私市の「磐(いわ)船(ふね)神社」の境内で、参拝中の女性介護士(42)=大阪市平野区=が岩と岩の間にたまった水の中で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認された。府警交野署は女性が岩と岩の間にかかる丸太橋から転落したとみて詳しい状況を調べる。

 神社は、巨大な岩が重なって洞窟のようになっている中を進む「岩窟巡り」で知られる。女性は1人で岩窟巡りに来ていた。(産経ニュース)
「岩窟巡り」中に転落? 神社で42歳女性が死亡 大阪・交野 – 産経ニュース

このニュースを読んだ当時にSNSに書いた僕の日記をそのままここにコピペします。


亡くなった女性の冥福をお祈りします。
「磐船」というキーワードにも自分でも理由がわからないまま敏感に反応してしまう今日この頃の僕。

神社のサイトを調べてそこの写真を見て、あっと思った。
磐船神社 岩窟拝観

この岩窟、夢で見たことがある。
ここだという確証は無いけどすごくよく似ている。
夢を見たのはかなり前・・・少なくとも5年以上は前だと思う。

印象的な夢だったから内容はよく覚えているんだ。
でもその夢を見たこと自体はこの写真を見るまで忘れていた。

写真を見て今またその夢を思い出した。
夢の中で、かなり年老いた竜か蛇のようなものに会った。
空中を漂っていたから竜なのかな。
その竜は何も言わなかったが、表情は悲しそうでもあり、恨めしそうでもあった。

サイトにはこうある。

『岩窟の出口の手前、真っ暗やみの洞窟の中には岩の間にいくつかの祠がお祀りされています。写真の白龍大神をはじめ、黒龍大神、金龍大神などの竜神様がお祀りされています。』

ここにはたしかに竜神が祀られているようだ。
そしてこうも書かれている。

『最近、岩窟内にながれこむ河川の汚濁、ゴミの増大により、岩窟の環境の破壊が急速に進んでいます。これはなにも当社に限った問題ではなく、地球的規模で問題となっていることですが、身近に直面すると一人一人の心の問題であることがよくわかります。』

僕が夢で見た竜が悲しそうだったのはこのせいなんだろうか。

この神社の祭神は饒速日命(ニギハヤヒノミコト)か。
なんでだろう、さっぱりわからないが僕はここもいずれ行かなきゃいけない気がする。


ここで僕ははじめて「饒速日命」の名を知ることになります。「ここもいずれ行かなきゃいけない」と書いていますが、それから4年後の今もまだ磐船神社には行けていません(;・∀・)
というのも、磐船神社ではこの事故を受けて安全対策として「単独での参拝禁止」というルールが作られたんですよね。なぜだか公式サイトにはそのルールのことが載っていませんが、直接神社にメールで問い合わせたらたしかに単独禁止という返事でした。ぼっちがデフォの僕にとってこのルールはあまりにもハードルが高く、なんやかんやあって未だに行けていないというわけです。と言うか、この記事を書きはじめるまで再び磐船神社のことを忘れていました……笑
今年こそ行けるかな?誰か一緒に行って下さい(真剣)

さて、奇妙にも僕が夢で見た場所が磐船神社であり、その祭神が饒速日命だったと。
そして調べてみると、饒速日命は古代の豪族、物部氏の祖神であり、そして大神神社の祭神「大物主大神」も饒速日命と同一とされているという事がわかって二度びっくり。ここでまた点と線が繋がったわけです。

歴史の闇に埋もれた饒速日命と物部氏を祀る神社は全国的に見てもそれほど多くはありません。僕が調べている中で一つ気がついたことがあります。「船」と「星」という文字を含む神社や地名は饒速日命となにかしら関係があるようなのです。
饒速日命は天磐船に乗って空を駆け巡ったという古事から「船」はまだ比較的わかりやすいです。磐船神社のように今でも割とその信仰の痕跡は残っているようです。「星」は、縄文時代の日月星信仰の名残でしょうか。この星信仰は、どういうわけか表舞台から隠されやすいようです。

僕の家から車の数分の距離に、グーグルマップにも名前が乗らないほど小さな神社が3つあり、うち2つには星の文字がつきます。そしてその祭神がすべて饒速日命でした。

上から皇大明神社、星大明神社、星大明社。そしてこれまでのように地図上で線を引いてみると、この三社は完全に一本の線上にありました。ちなみにこの線を南にずっと伸ばしていくと、寸分違わず伊勢神宮外宮へと行き当たります。

ここからは僕の想像と言うか、空想の域を出ませんが……天磐船、そして饒速日命をはじめとする「速日」とつく神は、数千年前、あるいは一万年以上前の縄文時代において、隕石を星神として信仰した名残ではないでしょうか?
大きな隕石の場合、空気摩擦で剥がれ落ちた破片は直線的に地上に落下する(物理学的に実際そうなるのかは素人なのでわかりません)。もしもそうだとしたら、その破片が落下したそれぞれの位置に縄文人の星信仰の聖地が作られ、更に時代を経て星神社となってからも位置は変わらないので神社が直線状に並ぶことになる……。
あまり知られていませんが、長野県の御池山には隕石によってできた直径900mの巨大クレーターの痕跡が存在します。それほど大きな隕石でなくとも、数百年から千年ほどもあれば埋もれてしまうような小さなクレーターを作る規模の隕石落下なら、1万5000年に及ぶ縄文時代の長い歴史の中で幾度もあったことでしょうね。日本という国は地震や雨による土砂崩れや洪水、火山噴火が多いので、クレーターは極めて残りにくいのです。
光を放ち尾を引いて爆音とともに空を引き裂いた隕石は、その正体がわからない縄文人から見ればまさしく龍です。縄文と龍神信仰もまた深い関係にあります。

隕石が海に落ちれば津波が生じます。隕石と、その後にやってくる津波を縄文人が神として怖れ敬ったとしても不思議はありません。饒速日命は古代において男神・火の神であり、その対となる女神・水の神は瀬織津姫。津という文字に込められた意味はこう考えると自然です。
そして縄文時代からヤマト王権の時代へと移り変わっていく中で、大陸の思想、つまり精神よりも思考優位の思想が次第に日本に浸透していきます。「隕石や津波は凶事でありそれを信仰の対象とするのは野蛮」とされ、星神や龍神は封印されていった。饒速日命も瀬織津姫も信仰の表舞台から消され、特に瀬織津姫はいまは名前を目にすることさえもほとんどなくなった。……こういう推測はいかがでしょうか。

全国の星信仰の神社は存在にも気づかないほど小さいか、掃除もろくに行われないほど忘れ去られつつあります。星とつく神社があったら、ちょっと意識して祭神や由緒を調べてみて下さい。

名古屋市の「星の宮」という地名や、埼玉県所沢市の同じく「星の宮」という地名も確実に関連があると僕は見ています。今は縄文ブームの兆しがあるそうですね。それは思考優位に偏りすぎた人類が、精神優位であった縄文時代に深層心理下で惹かれはじめているからなのかもしれません。

戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(3)

前回:戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(2)

寓話的な実話

――2014年のある夏の日、僕は一人で長野県阿智村の山にペルセウス座流星群と天の河の写真を撮りに行った。その日は晴れの予報だったのに、僕が山につくのとほぼ同時に濃霧に覆われてしまい、雨も降ってきた。片道3時間もかけて行ったのでなんとか晴れてほしいなと願いながら翌朝まで待った。しかし霧は晴れず、星を見るのを諦めて帰った。
……帰宅後、ふいにこう思った。
『あのままもう少し明るくなるまで待っていれば、もしかしたら山頂に続く道を覆う霧の幻想的な光景が見られたかもしれない。それはもしかしたら、晴れさえすればいつでも見られる星空よりもっとレアで美しい光景だったかもしれない。「星を見に来た」という思考が邪魔をして、あの霧を見る目が曇っていたんだ。本当に曇っていたのは空ではなく僕の目と頭だった』。この時、思考や知識に偏りすぎず物事をありのままフラットに見ることの重要性を学んだ――

三輪山と六芒星ライン

毎度ながら久しぶりのブログ更新です。さっそく前回の続きを書いていきます。
三河旅から帰宅後、石巻山で見た六芒星と、ほっとい亭の今井さんから教えてもらった串呂学なるものがとても気になり、寝る間も惜しんで地図とにらめっこしていました。まず最初にやったことは、日本 ――特に中部・近畿地方―― に点在する六芒星に関係する神社や聖地を調べ、それらを地図上で線で結ぶこと。六芒星×串呂学です。この作業に意味があるのかどうか僕自身にもわかりませんが、最初に僕が石巻山にたどり着いたのもまさに「線で結ぶ」という作業の結果なので、直感的にはなにか意味があるような気がしていました。そうして調べて見つけた神社を、三輪山―石巻山ラインに重ねてみました。見ておわかりのように三輪山ラインとほぼ完璧に対になっていますね。ここまで来ると偶然と考えるほうが不自然で、何かしらの意味があってこのような配置になっているとは思うのですが、そのあたりはまだ調査中です。

見つけた神社を一つ一つ詳しく紹介していきましょう。

伊雑宮(いざわのみや)
伊勢神宮の南東、三重県志摩市にある神社です。祭神は天照坐皇大御神御魂 (あまてらしますすめおおみかみのみたま)。かつてはこの伊雑宮の石灯籠に六芒星が刻まれていたと言いますが、今は木製の灯籠に変えられていて、そこに六芒星はありません。が、この伊雑宮の向いに「神武参剣道場」という建物があり、その門に刻まれた六芒星は今もグーグルマップのストリートビューからも確認することができます。

この伊雑宮について詳しく調べていくとさらにとても興味深い話があるのですが、それを書こうとするとまた話がとてつもなく長くなるので(笑)それについてはいずれ時期をみて書いていきます。ちなみに伊勢神宮の外宮と内宮を結ぶ道添いにあった石灯籠にもかつては六芒星が刻まれていましたが、今はその石灯籠自体が撤去されています。

鞍馬山
鞍馬天狗で有名なあの鞍馬山です。パワースポットブームで話題になり、検索すればいっぱい情報が出てくるのでここで改めて詳しく書く必要もなさそうですね。ここの鞍馬寺本殿金堂の前の地面には大きく六芒星が描かれています。

籠神社・真名井神社
籠神社は元伊勢とも言います。籠神社の奥宮である真名井神社の地中から掘り出された石碑にも、伊雑宮と同じく六芒星が刻まれていました。そして、やはり伊雑宮や伊勢神宮と同じく今は消されてしまっています(正確には「三つ巴」の紋で上書きされています)。
自分で撮った写真は残念ながら持っていませんが、こちらの滝沢泰平さんのブログではその石碑の写真が確認できます。
天下泰平~滝沢泰平 公式ブログ~:元伊勢籠神社と「かごめの歌」
石碑だけでなく絵馬からも六芒星だけが消されるという徹底ぶり。

ここで少し整理します。僕が2014年に最初に石巻山に登った時にはたしかに存在した六芒星の鏡が今はもうありません。そして伊勢神宮も、伊雑宮も、真名井神社からも…。僕にはやはり偶然だとは思えません。滝沢さんがブログで指摘しているように「本当の日本の古代史がわかってしまうことを恐れて」なのでしょうか。
真名井神社の六芒星が三つ巴に変えられていた事が何かのヒントになるかもしれません。三つ巴は、現代において悪魔の数字とされている「666」を裏表ひっくり返した文様。籠神社の「籠」の文字は、龍が封印されている様子を表す文字です。籠目歌に「後ろの正面」ということばがあります。これらがすべて繋がっているように僕には思えます。
過去記事「熊野旅後記(1)~玉置神社の“悪魔祓い”の謎」に書いたことを思い出してみて下さい。六芒星が消される理由、そして「裏返しの666」による封印は、「封印された悪神」国之常立神とも深い関係がある気がしています。
一番目立つ鞍馬寺の六芒星が消されていないのは、鞍馬寺は伊勢神宮や日本史との直接的な繋がりを示す文献が存在しないからでしょうか?
あとはあまりにも有名なのでいきなり消したら逆に不自然で興味を持って理由を調べ始める人が増えて逆効果になるから…とかね。

まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、悪の大将は光り輝いているのざぞ
(日月神示 地つ巻 第十七帖一五四)

滝沢さんのブログ記事にある真名井神社の絵馬には、饒速日命(にぎはやひのみこと)の名がありますね。この神もまた僕の今後の神社巡りに関係して来るので名前を覚えておいて下さい。

・(おまけ)大峰山
物理的には直接六芒星との関連を示す証拠は見つかりませんが、この大峰山もまた古くから修験道の聖山として崇められています。山頂近くには箕六弁財天社(みろくべんざいてんしゃ)という神社があります。「みろく」という名が気になるところですが、関連性があるのかどうかは不明。
奈良の三輪山と一宮市の大神神社を結ぶ直線を南西に伸ばした先に寸分違わず位置しているので、六芒星ラインの図に加えてみました。これもやはりただの偶然ではなく、意図的であるように思えます。長くなるので省略しますが、鍵となるのは空海と四国です。そのあたりもこれからの当ブログで順次触れていきたいと思います。