Posts Tagged: 瀬織津姫

昨年の白山中居神社での、とある体験

一年ぶりのブログ更新です。更新していなかった理由(言い訳)は書こうと思えばいろいろとありますがあえて伏せます。

今年2019年のGWは世間は十連休で、改元もあって色々と騒がれましたね。僕も九連休。久しぶりの長期連休だったので西日本へ神社めぐりの旅に出掛けました。その旅レポを書く前に、昨年の出来事を一つ書こうと思います。

これはブログには書かないで僕の記憶にだけ残しておこうと思っていたことなのですが、気が変わって書くことにしました。

昨年某日、白山中居神社に参拝に行った時の事です。日常の色々な事が心の重荷になり、心身ともに疲れてまたふらっと癒やされに行ったという感じです。山奥にある白山中居神社はたいていほとんど人がおらず、大木と川に囲まれて静かで清らかな空気が流れていて本当に癒やされるのです。その日も僕一人だけでした。

日の出からしばらく経った頃に拝殿の前に立ちました。参拝を終えたまさにその瞬間、木々の間から太陽の強烈な光が差し込んできました。この時の太陽の光はなぜかいつもとはまるで違いました。あたかも10メートル先に小さな太陽が出現したような、奇妙な感覚でした。その光はとても暖かく、手を伸ばせば太陽に触れられそうな気さえしました。夏の日差しのように…いやそれ以上に強烈なのに柔らかで、包まれるような不思議な光。白山中居神社の神様が僕を見てくれているように思えて、深く感動したのを覚えています。
下はその時の写真です。

白山中居神社と集落を隔てる川は朝日添(わさびぞ)川という名で、おそらくは朝日と水流が同じ方角だからこの名がついたのだと思いますが、僕の中ではこの日から朝日添川は「朝日に寄り添ってもらった」という意味になりました。感謝の気持ちを心の中で念じ、もと来た道を戻ろうとしました。ここでなんとなく、そのまま帰るのではなく朝日添川を太陽の方向に向かって歩いてあの光の余韻にもう少し浸っていたい、という気持ちになりました。

どれくらい歩いたかあまり記憶がありませんが、5分か10分くらいでしょうか。その先には大小ふたつの岩がありました。夫婦岩という名がついているようでした。大きいほうが女、小さい方が男。女岩は半分以上川に浸かっています。注連縄も無く、とくに御神体として祀られているような感じではなかったのですが、僕はこれも神の依代、磐座だと直感しました。女岩はあたかも子供を大切に抱いた女性のように見えました。そしてまた不思議なことに、女岩の上部に一瞬だけ、小さな仏様のような姿が見えたのです。「えっ?」と思って近づいていくと、何もありませんでした。後から考えると、仏様が見えた時、おそらく視覚で見えていたのではないんですよね。だから目をこらしてよく見ようとした僕は愚か者ですね…。神様も「こいつはいつまで経っても成長しないな」と呆れているかもしれません。まあ、屋久杉だって成長が遅いからこそあのような大木に育つんですしね(開き直り)

後からこの岩のことについて調べてみると、御手洗大岩とも言い、縄文の水神である瀬織津媛が祀られているそうです。日月神示では注連縄は古の神を封印するものだと書かれているので、注連縄がないこの御手洗大岩こそ、ある意味で本当の御神体なのではないかと思います。一応恐れながら写真も撮りましたが、これは公開しません。ネットで公開するようなものではない気がするからです。こんな気持ちになったのは御手洗大岩がはじめてですね。
もしこれを読んで気になってこれから行かれる人は、朝日添川は堤防など特に無くて雨の日の後などは水量が増しているかもしれないので、水難事故にならないよう気をつけて行ってきてください。

戌年~犬神(狼)の2018年~今後の神社めぐりと古代の探求

前回:戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(4)

「大神神社=三輪山 聖地探訪」の夢想からはじまり、石巻山で見た六芒星を経て、籠目紋、そして籠神社の祭神である饒速日命・瀬織津姫へと行き着いた僕の神社めぐり。饒速日命は大神神社の祭神、大物主大神でした。奇しくもぐるりとまわって大神神社に戻ってきた形です。

前回の隕石の話を「僕の空想」と書きましたが、その後調べてみたら、隕石はあながち無関係ではなかったようです。磐船神社と同じ大阪の交野市に星田妙見宮という神社があります。そしてこの星田妙見宮に、実際に隕石が落ちたという話が伝わっているようなのです。
交野タイムズ – 星田妙見宮には『隕石落下ポイント』がある!~そして、その可能性は非常に高いですねぇと木内さんが指摘してる!~

ここで木内さんの名前が挙げられている事にまたまた不思議な点と線のつながりを感じてしまいます。木内さんとは世界的に有名な天文学者、木内鶴彦さん。僕は木内さんの考え方に共感する部分もあり、著書も持っています。
木内さんの功績の中でもっとも知られているのは、ペルセウス座流星群の母天体、スウィフト・タットル彗星の再発見でしょう。
流星群は地球に接近する彗星から剥がれ落ちたカケラが地球の大気摩擦で燃える際に発光する現象。
そしてまれに大きめのカケラが燃え尽きずに隕石となって落下してきます。その一つが星田妙見宮に落ちた隕石として伝わっているんですね。神話で、饒速日命は素盞嗚命(スサノオ)の息子。という事は、星田妙見宮の隕石がスウィフト・タットル彗星のカケラ、すなわち子供であるならば、スウィフト・タットル彗星がスサノオという事にもなります。

リンク先には、西暦816年の降星で「山の大半が吹き飛ばされた」とあるので相当な衝撃だったんでしょうね。
土砂崩れや火山噴火によるただの山塊崩壊とは性質がまったく違います。隕石はものすごいスピードで落下してくるので、膨大な運動エネルギーが加わりますからね。衝突の際に運動エネルギーが瞬時に熱エネルギーに変換され、その衝撃波は山を破壊するだけでなく、周辺地域一帯に壊滅的な影響を及ぼしたでしょうね。

余談ですが、この話は映画「君の名は」とリンクしている事に気が付きます。あの映画に出てくるティアマト彗星は1200年周期で地球に最接近するという設定。映画の舞台設定は2016年です。2016年から1200年を引くと816年となり、現実と重なります。新海誠監督は星田妙見宮に伝わる伝承を知っていて、映画の彗星を周期1200年と設定したのでしょうか?
新海監督は木内鶴彦さんと同じ、長野県南佐久郡小海町の出身。新海監督が小海町の有名人であった木内さんの著書や講演などから星田妙見宮の隕石の伝承を知り、それをモデルとして「君の名は」の設定を思いついた可能性は有り得そうですね。
※現実のスフィフト・タットル彗星は133年周期。

前にも書いたと思いますが、僕は京都方面に行くと、決まって悲しいような切ないようななんとも表現し難い感情が心の奥底に湧いてくる感覚があります。自分でもその理由はわからなかったんですが……いま、隕石という発想をしてみてなにか、その感情の根源が少し明らかになったような気がします。それはただの気の所為かもしれないし、そうでもないかもしれない。

星田妙見宮に伝わる隕石が落ちたのは西暦816年(ただし木内さんの計算によると西暦535年前後になるそうです)。隕石信仰があったであろう時代は僕の推測では少なくとも1800年から2000年以上前なので、年代が合わない点だけ見れば無関係に思えます。ただ、合わないのはあくまで常識で考えれば、です。磐船神社と星田妙見宮がともに同じ交野市にあるという事実からはやはりなにか関係があるように思います。

たとえば……また空想に走りますが、饒速日命を信仰した古代人は、今の交野の地に巨大隕石が落ちることが予めわかっていた……とかね。なにしろ僕の神社めぐりでちょいちょい常識では考えられない事が実際に僕の身に起きているわけで、それを思えば、今後の神社めぐりと古代の探求においても、常識的なものの考え方をしていては隠された答えにはたどり着けないのかな、とも思います。

僕の神社めぐりに関連するものがだいたい定まってきました。六芒星と五芒星。奈良の岩尾神社の磐座に象徴される十文字。狼信仰と天狼星(シリウス)。饒速日命と瀬織津姫の夫婦神、イザナギとイザナミのこちらも夫婦神。そして国之常立神に縄文時代……。