Posts Tagged: 内宮

月と共に巡る伊勢志摩(7)〜皇大神宮(内宮)

この日は大晦日。気温はおそらく前日よりもさらに低かったと思います。ただ風はなかったのでそこまでの寒さは感じませんでした。こんな朝早くから内宮の駐車場はすでにほぼ満車で、かなり離れたところに車を停めることになりました。

しかし人の姿はやはりまばら。駐車場の混雑ぶりはなんだったんだろう。みんな車内で待機しているのでしょうか?

20分ほど歩くと宇治橋前の鳥居に来ました。

鳥居の前には長い行列が。最初はなんの行列かわかりませんでしたが、少し考えて、鳥居の後ろから昇る日の出を見るために並んでいるんだなと気付きました。列の後ろの方の人は、ほとんど人の頭しか見えないと思うけどそれでいいんだろうか?

行列を尻目に宇治橋を渡る。霜で真っ白。

8年越しのお礼参り

内宮に来るのはこれが二度目です。

最初に来たのは2013年の春。ある人と二人で参拝に訪れました。詳細は伏せますが、その人は非常に苦しみの多い人生でした。僕は当時まだ神社についてぜんぜん詳しくなくて、正宮はお願い事をする場所ではないということも知らず、「この人が苦しみから解放されますように」と祈りました。その三週間後、突然その人は心不全で亡くなってしまいました。本当に突然のことで、僕は一週間は仕事もできないほどずっと泣き続けて、ようやく立ち直るまでには半年ほどかかりましたね。

それ以来、伊勢神宮とその人の死が関係しているわけではないと頭ではわかっていても、無意識に伊勢神宮を避けていたように思います。それから数年経って考え方というか感じ方が変わってきました。ああ、あのとき神様は「苦しみから解放」してくれたんだなと。あの人のことも、僕のことも。そうして茶臼山でセーマン・ドーマンを見て「そうだ、今年の年末詣は8年ぶりに伊勢神宮へ行って、ちゃんとお礼参りしてこよう」と決めた、というわけです。今回正宮の参拝を終えて、やっと自分の心も解放することができたように思います。

30分ほどして再び宇治橋のところに戻って来ると、まだあの行列がありました。しかも来た時よりも人が増えてる。大勢の視線に晒されながら鳥居をくぐって出て行くのは妙な緊張感がありました。

振り返ると、今まさに太陽が顔を出したところでした。月讀宮での月といい、なんという絶妙すぎるタイミング。神様が見せてくれたのかな。せっかくなので僕も列の最後尾に行って、鳥居の間から昇る日の出を眺めてみました。

なるほど、写真にすると人の頭ごしでもこれはこれで味があっていいかもしれない。

これで2020年の年末詣、伊勢志摩の旅日記は終わります。今回の旅で新たにわかったことや疑問に思ったこともいろいろあるので引き続き考察をしていきます。