Posts Tagged: 六芒星

西日本駆け足神社めぐり旅(1)~籠神社・眞名井神社~

今年のGWは九連休。今まで一度も行ったことがない中国地方や九州の神社に行ってみたいと思い、七日くらいかけて山陰から九州をまわる旅に出掛けることにしました。今回もいつもの通り、細かく予定を立てたり情報チェックはしないノープラン旅です。

僕はもともと電車や飛行機が苦手な上にGWの混雑ではとても旅どころじゃないので、移動手段は車の一択。もちろん車も渋滞にはまる可能性はありますが、リアルタイム交通情報をこまめにチェックしたり混雑しそうな時間帯を避ければ案外なんとかなります。
簡単に計算してみたところ、最終目的地を熊本県として、往復でおよそ2100km。七日間で回るとすると一日あたりの移動距離は300km。とくに行きは一般道での移動が主なので、かなりの駆け足で、移動にほとんどの時間と体力を使ってあまりゆっくり神社と向き合う時間はなさそうです。まずは行ってみて、良い神社だと思ったところだけ後日またピンポイントでゆっくり訪ねるという形にすることにしました。

籠神社と眞名井神社

最初の目的地に選んだのは、以前からこのブログで六芒星に関係する神社として気になっていた、京都の籠神社とその奥宮である眞名井神社です。京都府ではあっても北の最果て、日本海に面した場所なので、京都っぽさはないですね。僕が京都で普段感じる居心地の悪さもなかったです。

4月27日(土)、夜に家を出発。高速を使って舞鶴まで行き、道の駅で車中泊。5:00頃起きるつもりが二度寝してしまって、籠神社には6:45頃に到着。ここは地方の神社では珍しいゲート付きの有料駐車場でした。案内を見ると駐車場は7:00から開くと書いてあったので、二度寝してちょうど良かったぐらいでした。少し他所で時間を潰して6:55頃にまた来ると、すでにゲートは開いていて何台かの車も停まっていました。渋滞を作らないようにという地域への配慮から少し早めに開けたのかな?
いきなり出遅れましたが気を取り直して籠神社を参拝。とてもきれいな神社でした。

外観がきれいだという以外は特にこれといって印象に残らない神社でした。もう少しこう、なにか「感じる」神社だと思っていたので自分でもちょっと意外。ここでカメラのズームレンズを家に忘れてきたことに気付きました。なのでこの旅では40mmの単焦点レンズとサブのコンパクトカメラですべての写真を撮っています。レンズを忘れたショックで(?)写真も撮り忘れたらしくて籠神社の写真は一枚もない事に後から気付きました。

朝7時という早い時間にもかかわらず参拝客は続々とやってきます。
早々に眞名井神社に移動することにしました。籠神社から歩いて7~8分ほど。眞名井神社の前にも車5台分くらいの駐車スペースがありましたが一般客用ではないようなので籠神社から徒歩が無難です。

籠神社はあんなに人が来ていたのに眞名井神社に向かう人はまったくいませんでした。たまたまだと思いますが、もしかしたら眞名井神社の存在自体を知らない人も案外多いのかもしれません。

眞名井神社に近づくにつれて、なんとも表現できない神社独特の空気に変わってくるのがわかりました。籠神社では感じられなかった空気感です。社殿で参拝を済ませた後、その裏手にある磐座の前に立つと、前回の熊野旅での花窟神社の時と同じようになにか俗世のすべての物事を忘れさせてくれるような清々しい感覚に満たされて、かなりの時間そこにぼーっと立っていたと思います。その間も他にはだれもいなくて磐座を独り占めでした。写真撮影禁止とあったのでここの写真もなしです。

眞名井神社の入り口にある石碑。三つ巴の紋は数年前につけられたもので、その下にある本来の紋は六芒星。六芒星が何を意味しているのか、そしてなぜ三つ巴で隠されてしまったのかは今も謎のままです。
戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(3)で示したように、僕の神社めぐりの原点である三河の石巻山で見た六芒星。そこから「六芒星探し」をして伊雑宮と籠神社(眞名井神社)にも繋がりがあるとわかりました。ずっと気になったままですが、謎を解く手がかり一つも見つからないまま悶々としています。いつかこの謎が解ける日が来るんでしょうかね…。

籠神社から海沿いに北に15kmほど走ると「伊根の舟屋」と呼ばれる伝統的な建物の民家群があるのでちょっと行ってみました。よく晴れていて海を見ながらのドライブがとても気持ちよかったです。

展望台から見る舟屋群。下に降りて散策することもできますが、すでに太陽は高く登っていて写真映えもしなさそうだったのであまり気乗りがせず、今回の旅ではパス。舟屋の中には民宿として営業しているところもあるそうなので、そこを予約して早朝とか夕暮れ時、あるいは夜なんかに雰囲気を味わいながら時間を気にせずゆっくり散策したい場所でした。「行きたい場所リスト」に加えて、また西に車を走らせました。

戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(3)

前回:戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(2)

寓話的な実話

――2014年のある夏の日、僕は一人で長野県阿智村の山にペルセウス座流星群と天の河の写真を撮りに行った。その日は晴れの予報だったのに、僕が山につくのとほぼ同時に濃霧に覆われてしまい、雨も降ってきた。片道3時間もかけて行ったのでなんとか晴れてほしいなと願いながら翌朝まで待った。しかし霧は晴れず、星を見るのを諦めて帰った。
……帰宅後、ふいにこう思った。
『あのままもう少し明るくなるまで待っていれば、もしかしたら山頂に続く道を覆う霧の幻想的な光景が見られたかもしれない。それはもしかしたら、晴れさえすればいつでも見られる星空よりもっとレアで美しい光景だったかもしれない。「星を見に来た」という思考が邪魔をして、あの霧を見る目が曇っていたんだ。本当に曇っていたのは空ではなく僕の目と頭だった』。この時、思考や知識に偏りすぎず物事をありのままフラットに見ることの重要性を学んだ――

三輪山と六芒星ライン

毎度ながら久しぶりのブログ更新です。さっそく前回の続きを書いていきます。
三河旅から帰宅後、石巻山で見た六芒星と、ほっとい亭の今井さんから教えてもらった串呂学なるものがとても気になり、寝る間も惜しんで地図とにらめっこしていました。まず最初にやったことは、日本 ――特に中部・近畿地方―― に点在する六芒星に関係する神社や聖地を調べ、それらを地図上で線で結ぶこと。六芒星×串呂学です。この作業に意味があるのかどうか僕自身にもわかりませんが、最初に僕が石巻山にたどり着いたのもまさに「線で結ぶ」という作業の結果なので、直感的にはなにか意味があるような気がしていました。そうして調べて見つけた神社を、三輪山―石巻山ラインに重ねてみました。見ておわかりのように三輪山ラインとほぼ完璧に対になっていますね。ここまで来ると偶然と考えるほうが不自然で、何かしらの意味があってこのような配置になっているとは思うのですが、そのあたりはまだ調査中です。

見つけた神社を一つ一つ詳しく紹介していきましょう。

伊雑宮(いざわのみや)
伊勢神宮の南東、三重県志摩市にある神社です。祭神は天照坐皇大御神御魂 (あまてらしますすめおおみかみのみたま)。かつてはこの伊雑宮の石灯籠に六芒星が刻まれていたと言いますが、今は木製の灯籠に変えられていて、そこに六芒星はありません。が、この伊雑宮の向いに「神武参剣道場」という建物があり、その門に刻まれた六芒星は今もグーグルマップのストリートビューからも確認することができます。

この伊雑宮について詳しく調べていくとさらにとても興味深い話があるのですが、それを書こうとするとまた話がとてつもなく長くなるので(笑)それについてはいずれ時期をみて書いていきます。ちなみに伊勢神宮の外宮と内宮を結ぶ道添いにあった石灯籠にもかつては六芒星が刻まれていましたが、今はその石灯籠自体が撤去されています。

鞍馬山
鞍馬天狗で有名なあの鞍馬山です。パワースポットブームで話題になり、検索すればいっぱい情報が出てくるのでここで改めて詳しく書く必要もなさそうですね。ここの鞍馬寺本殿金堂の前の地面には大きく六芒星が描かれています。

籠神社・真名井神社
籠神社は元伊勢とも言います。籠神社の奥宮である真名井神社の地中から掘り出された石碑にも、伊雑宮と同じく六芒星が刻まれていました。そして、やはり伊雑宮や伊勢神宮と同じく今は消されてしまっています(正確には「三つ巴」の紋で上書きされています)。
自分で撮った写真は残念ながら持っていませんが、こちらの滝沢泰平さんのブログではその石碑の写真が確認できます。
天下泰平~滝沢泰平 公式ブログ~:元伊勢籠神社と「かごめの歌」
石碑だけでなく絵馬からも六芒星だけが消されるという徹底ぶり。

ここで少し整理します。僕が2014年に最初に石巻山に登った時にはたしかに存在した六芒星の鏡が今はもうありません。そして伊勢神宮も、伊雑宮も、真名井神社からも…。僕にはやはり偶然だとは思えません。滝沢さんがブログで指摘しているように「本当の日本の古代史がわかってしまうことを恐れて」なのでしょうか。
真名井神社の六芒星が三つ巴に変えられていた事が何かのヒントになるかもしれません。三つ巴は、現代において悪魔の数字とされている「666」を裏表ひっくり返した文様。籠神社の「籠」の文字は、龍が封印されている様子を表す文字です。籠目歌に「後ろの正面」ということばがあります。これらがすべて繋がっているように僕には思えます。
過去記事「熊野旅後記(1)~玉置神社の“悪魔祓い”の謎」に書いたことを思い出してみて下さい。六芒星が消される理由、そして「裏返しの666」による封印は、「封印された悪神」国之常立神とも深い関係がある気がしています。
一番目立つ鞍馬寺の六芒星が消されていないのは、鞍馬寺は伊勢神宮や日本史との直接的な繋がりを示す文献が存在しないからでしょうか?
あとはあまりにも有名なのでいきなり消したら逆に不自然で興味を持って理由を調べ始める人が増えて逆効果になるから…とかね。

まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、悪の大将は光り輝いているのざぞ
(日月神示 地つ巻 第十七帖一五四)

滝沢さんのブログ記事にある真名井神社の絵馬には、饒速日命(にぎはやひのみこと)の名がありますね。この神もまた僕の今後の神社巡りに関係して来るので名前を覚えておいて下さい。

・(おまけ)大峰山
物理的には直接六芒星との関連を示す証拠は見つかりませんが、この大峰山もまた古くから修験道の聖山として崇められています。山頂近くには箕六弁財天社(みろくべんざいてんしゃ)という神社があります。「みろく」という名が気になるところですが、関連性があるのかどうかは不明。
奈良の三輪山と一宮市の大神神社を結ぶ直線を南西に伸ばした先に寸分違わず位置しているので、六芒星ラインの図に加えてみました。これもやはりただの偶然ではなく、意図的であるように思えます。長くなるので省略しますが、鍵となるのは空海と四国です。そのあたりもこれからの当ブログで順次触れていきたいと思います。