Posts Tagged: イザナミ

月と共に巡る伊勢志摩(6)〜夫婦神と月讀宮

この日12月30日は満月。一旦ホテルに帰って休憩。夕方を待ってから再び二見興玉神社へ行き、夫婦岩と月の出を眺めてきました。と言うと優雅な感じですが、風が昼間よりさらに強まり、まるで台風のようでした。JR紀勢線も強風のために一部運休になったそうです。その影響もあってか、人もまばら。波しぶきを浴びながらの写真撮影となりました。でも朝方まで雨が降っていたことを思うと、晴れてくれただけ幸運でしたね。
月が出る時刻は日の出とは違って毎日大きく変わります。だから29日に撮った写真と比べると、月の位置は同じでも空の明るさが全然違いますよね。また、夫婦岩の上に月が来るのは冬の間だけです。

月讀宮

翌朝6時、ホテルをチェックアウトしてこの旅最後の目的地、伊勢神宮内宮へ向かいました。前日とは打って変わって風のない静かな日でした。途中に内宮の別宮である月讀宮があります。ここも月繋がりということで寄ってみることに。

駐車場に車を停めて振り返ったらちょうど月讀宮の上に満月が・・・。ウソみたいな話ですが、僕はこのタイミングを狙っていたわけではなくこれも偶然です。そもそもこの位置に月が来ること自体知らなかったし。

ここは月夜見宮と違って暖みがある印象でした。ほぼ同じ大きさの社が南向きに四つ並んでいて、向かって左から順に伊佐奈弥宮、伊佐奈岐宮、月讀宮、月讀荒御魂宮。ここにイザナギ・イザナミが祀られていることもこの日来て初めて知りました。皇祖・天照大神の親神であるイザナギ・イザナミがこの月讀宮に並べて祀られているのはなぜだろう。ちょっと調べたところ、伊勢神宮125社の中でイザナギ・イザナミを祀っているのもここだけのようです。親神であるならもう少し特別な扱いであってもいい気がする。ふと湧いたこの疑問が、後述する考察に繋がりました。

伊勢神宮成立よりも古い?夫婦神を結ぶ東西のライン

さて、前回記事でもったいぶった話の続きです。伊射波神社をイザナミ神社と空目した僕は、試しに伊弉諾神宮と伊射波神社とを直線で結んでみました。仮にこの直線をイザイザラインと呼びます(ネーミングセンス)

面白いのは、このイザイザラインは、月讀宮の真上を通過していることです。どれくらい「真上」かと言うと…。

これくらいです。中央の赤い線がイザイザライン。完璧なまでに月讀宮の鳥居を通り、4社の眼前を通っています。
伊弉諾神宮は現在はイザナギ・イザナミの二柱を祀っていますが、元々はイザナギだけを祀っていたという説が有力です。幽宮(かくりのみや)とも言い、イザナミと死別しイザナギだけで国造りをした後の余生を過ごした場所、とされています。

ほぼ真東にイザナミと読める伊射波神社。そのあいだには月讀宮。月讀の「ヨミ」は黄泉(あの世)を意味しているのでは。イザナミの死で一度は離れてしまった両神が、月讀宮で、つまり黄泉の国のお宮で再び一つになれたのかもしれないですね。これらが全て偶然だとしたら逆にすごいんですが。月讀宮にイザナギ・イザナミが祀られ今の4社の形になったのは明治6年の事。その決定をした人は何かを知っていたんでしょうか。

記紀の日本神話ではツクヨミはアマテラスと同じくイザナギ・イザナミの子供とされていることからすると、この解釈には矛盾があると思うかもしれません。しかし日本神話にはそのベースとなった未解明の神話や伝承があったことはまず間違いありません。そしてかなりの部分が元の話から変化している、あるいは意図的に改変されていることを思えば、特に不思議はありません。ツクヨミという神はもともとはイザナギ・イザナミの子供ではなかったと僕は考えています。記紀でツクヨミはほぼ存在感ゼロですしね。

「そんな古代にどうやってそれだけの高精度で東西を測ったんだ」という疑問が出るかもしれません。実は陸上なら東西を知るのは特別な技術を持たない古代人でも可能です。地面に棒を垂直に立て、その棒にひもを張って円を描きます。午前と午後の2回、棒の影の先端が円周上に来るので、その2点を結べばほぼ正確に東西となります。

(余談)月讀宮の衛星画像を見てて気づきましたが、4つの社の後ろには遷宮のためのスペースがあるんですね。

月と共に巡る伊勢志摩(5)〜かぶらこ岬

倭姫命旧跡

伊雑宮参拝を終えたあたりから風が強くなり、ホテルを出た時よりももっと寒く感じました。手袋をしていても手がかじかむほどです。寒波が近づいているのを実感します。伊雑宮に掲示されていた周辺地図を見ると、北に伸びる細い坂道を400mほど歩いたところに倭姫命旧跡という場所があると書かれていたので、そこに行ってみる事にしました。

遺跡は朽ちた楠と、割れた石の板でした。それを覆う屋根と言うか雨除け。
ああ、いいなあ。お金をかけたいかにもな社など無くても、ここの地元の人の「遺跡を守りたい」という純粋で素朴な気持ちがこの雨除けに見て取れます。見た目に立派な社殿を作り人を呼び集めることに熱心な神社で、ここはいいな、また来たいな、と思ったことはほとんどありません。

この写真を撮っている僕の背後に東屋があり、そこに楠と石についての説明書きがありました。
それによれば、大正末期、ここにあった大楠を原料に天然防虫剤を作るため切り倒して根本を掘り返した。するとこの石があらわれ、その下から鏡や勾玉が出てきてこれは倭姫の遺跡ではないかという話になった。ところがそれを知った伊勢内宮の関係者によってこれらの遺物は持ち去られ、穴は埋め戻された。そして官憲(今でいう警察)によって、ここで起きたことを語ることすらも禁じられてしまった。
とのことです。

大正末期というと今から100年ほど前ですかね。官憲に口封じされていたにも関わらずこの話が密かに現代まで伝えられ、その証として石と楠が失われず遺跡として守られているのはすごいことですね。持ち去られた鏡や勾玉はどこへ行ったんでしょうか。
(追記)宇治山田駅の近くにある神宮徴古館にあるようです。一般展示されているかどうかは行っていないのでわかりません。

東屋の北には伊佐波登美命鎮座地と刻まれた石碑と小さなお社がありました。

この倭姫命旧跡に来た時から急に太陽の光が暖かく感じ、ついさっきまで吹いていた強風もおさまって、まるで突然ここだけ小春日和になったように心地よくなりました。地形的に何か特別なものでもあるのかとあたりを見回してしまったほどです。強いて言えば南側に高い木が無くて太陽光が当たりやすかったことくらいですね。でも単にそれだけとは思えないくらいぽかぽかして居心地が良かったです。
この感じ・・・体だけでなく心も暖かくなる感じ。2016年の年末詣で行った熊野の花窟神社に似ているなと思いました。

お社に祀られていたのは、伊佐波登美命(イザワトミ)、イザナギ、イザナミの三柱。うーん、そうか。このブログで過去何度も書いているように、僕が神社や聖地とされる場所で居心地が良いとか神気を感じる時、どういうわけか、そこには必ずと言っていいほどイザナギ・イザナミの名があるのです。理由は僕にもわかりません。それがここでもまた。
この場所に来るまで夫婦神が祀られていることを僕は知りませんでした。

あまりの心地よさに、このお社を参拝してからそのまま動かず30分くらいぼーっと突っ立っていました。すぐ近くに民家があるので、一応、まわりに人の目がないか時々確認はしましたが、もし見られていたら不審者がいると思われたでしょうね(笑)

伊佐波登美命の神名にある「登美」の文字からは出雲王家の富家が想起されます。

「富」の言葉は古代出雲では、トビと発音した。それでヤマトでは、富家に「登美」の字が当てられた。
(斎木雲州「出雲と蘇我王国」P.36より)

伊佐波登美命は、富家に関係しているんでしょうか。伊雑宮の現在の由緒書きには次のように書かれています。

当宮の創立は、約2000年前の第11代垂仁天皇の御代です。皇大神宮ご鎮座の後、倭姫命(やまとひめのみこと)が御贄地(みにえどころ=皇大神宮へ奉る御供物を採る所)をお定めになるため、志摩国をご巡行の際に、伊佐波登美命(いざわとみのみこと)が奉迎して、この地に当宮を創建して、皇大御神の御魂をおまつりしたと伝えられています。

伊佐波登美命や倭姫命についての記録はほとんど無く、よくわかっていないようです。僕としても、富家に関係している?と推察する以外に特筆する情報は特に持っていません。
もし今後何か新しいことがわかったらまた書いていきます。

時間はおよそ11時。少し早めの昼食をとることにしました。新型コロナ対策で密を避けるためです。と言うのはウソで、僕は生来の「密嫌い」の人なので、新型コロナ以前から外食は大体時間をずらすか、どこも混んでいたらテイクアウトで食べることがほとんどなのでした。連れがいる時は我慢しますけどね。
志摩に来たら当然、海鮮です。適当なお店に入って伊勢海老入りの海鮮丼を注文。食べてみると、あれ?・・・普通。新鮮な魚介の甘味のある美味しさはあまり感じられませんでした。まずくはありませんが、熊野で食べた海鮮丼の方がずっと美味しかったですね。伊勢海老も別に・・・。お店がハズレだったんだろうか。

伊射波神社

そこから北東の鳥羽市の海岸沿いにある伊射波神社を目指しました。実はこの伊射波神社は、伊雑宮と共に志摩国一宮に指定されています。一宮が二つあるなんて奇妙ですよね。それだけこの地の信仰の歴史は複雑な経緯があり、何とか体裁を取り繕った末の苦肉の策が、この「ダブル一宮」だったようです。

駐車場に着きました。ここからは徒歩で1.3km。

美しい竹林を通り抜け。

最初の700mは平坦な舗装路を歩きますが、そこから先はちょっとした登山になります。

登山になるとは想像していなくて思いっきり冬の服装のまま来てしまったので途中から暑くてたまらなくなりました。服装には要注意ですね。特に最後の300mの石階段はちょっとキツかったです。

伊射波神社。この拝殿は比較的新しそうでした。頭上では強風に煽られた木々がゴウゴウと唸っています。

安楽島、加布良古(かぶらこ)岬のほぼ中央に位置する志摩国の一ノ宮で、祭神は天照大御神に使えたとされる稚日女尊 (わかひめのみこと)、倭姫命が神宮の御贄を奉る地を探して志摩国を訪れた際に出迎えたとされる伊佐波登美命 (いざわとみのみこと)天日別命(あめのひわけのみこと)の子とされる玉柱屋姫命 (たまはしらやひめのみこと)、水の神様、狭依姫命 (さよりひめのみこと)。
 鳥羽三女神の一社で、縁結びの神様として知られ、地元では「加布良古さん」と親しみを込めて呼ばれている。
 昭和初期までは浜まで船で来て参拝していたといい、海に向かって立つ鳥居はその名残。今でも、沖を通る船の上から、豊漁や海上安全を願い、鳥居に向かって手を合わせる漁師も多い。
鳥羽図鑑

この神社は周囲を全て木々の葉に取り囲まれて海は見えませんが、一箇所だけ葉がない空間があってそこからだけは海が見えます。この場所は「奇跡の小窓」と呼ばれています。

参拝を終えて山を降り、海に向かって立つ鳥居の手前に座って遠くをしばし眺めていました。

ごみが一つも落ちていません。こんなに綺麗な海岸は初めて見たかも。本当に大切に守られている聖地といった感じがします。

伊射波は「イザワ」と読みますが、伊射を「イザ」と読むなら伊射波神社は「イザナミ神社」と読めなくもないですね。
これはたぶん偶然です。しかしこの偶然が、面白い事実の発見に繋がりました。続く。