Posts in Category: 古代と神話の探求

中央構造線と神籬から紐解く古代日本(1)

神籬石の分類

神籬(ひもろぎ)とは、古代の日本において神が降りるとされる依代のこと。巨石や樹木などの自然物が神籬とされる事が多く、なかでも個人的に関心があるのは巨石信仰、立石信仰です。
僕がこれまで見聞きしてきた情報からざっくりまとめると、神籬とされる石は大きくわけて二種類に分類できます。一つは古代人がもともとそこに存在していた自然の巨石を神として祀った巨石信仰。この巨石信仰では、石の場所は元の場所から大きくは動かされていないものと思われます。これは純粋な意味での神籬石です。

そしてもう一つは、地理的な要に置くことを目的として、他所から移動させてきたもの。ここでは便宜上、前者を仮に「信仰石」。後者を「要石」と呼ぶことにします。学術的に正式な分類ではないので、よそでこう呼んでも通じません。

二種類の要石

その要石もまた二種類に分類できると考えます。
一つは、太陽や月などの天体の動きと関連するもの。これは「レイライン」の概念に通じます。レイラインとは、1921年にイギリスの古代遺跡が直線上に並んでいる事を発見したアルフレッド・ワトキンスによって提唱された概念です。日本におけるレイラインは、淡路島の伊弉諾神宮の宮司が発表した「陽の道しるべ図」などがあります。

陽の道しるべ図(伊弉諾神宮宮司 本名孝至著「淡路島と國生み傳承雜考」より)

そしてもう一つは、動物的な直感力によって目には見えない何らかのエネルギーを感じ取った場所に置かれた要石。この直感力は、西洋文明の発展とともに現代人がほぼ失ってしまったものです。この種の要石が置かれる場所は現代で言うところの「パワースポット」と言えるでしょうか。そこに山があれば、要石を置かずとも山そのものが要となります。現代科学ではその源になるエネルギーが何かは解明されていませんが、個人的には火山活動や地球の磁場と深い関係があるように思います。
前者のレイラインの要石が、古代の天文学に基づくいわば「知の要石」。後者がそれとはある意味で対照的な「感覚の要石」と言う事もできますね。

まとめると、自然の巨石を神籬として信仰した「信仰石」、天体観測による道標的な意味で意図的に置かれた「知の要石」、地球のエネルギーを動物的直感で感じ取って置かれた「感覚の要石」。計三種類に分類できます。

いずれも、時代を経る間に他民族の流入や戦乱などによって、その石が持つ意味を正しく伝える者が次第に減っていった。そしてすべてがごちゃまぜに「神籬」として伝えられ、さらに後世になるとそこに神社が建てられた、と考えられます。

パワースポットならぬ“パワーライン”中央構造線

中央構造線


衛星写真を見ると、九州から中央アルプスにかけて、東西に日本列島を貫く超巨大断層である中央構造線がはっきりと視認できます。阿蘇山から四国の剣山、奈良の吉野、伊勢と経由し、僕の神社めぐりのルーツである三河の石巻山も中央構造線の真上にあります。石巻山のあたりから角度を急に変えて天竜川に沿って北上し、長野県の諏訪大社へと続きます。その途中にはゼロ磁場として有名な分杭峠もありますね。

長野県から先は、中央構造線ができた時代より後の地殻変動の影響で地形が変わったため衛星写真からの視認は難しくなりますが、実際には太平洋の海底までずっと続いています。この新しい地殻変動については「フォッサ・マグナ」「糸魚川―静岡構造線」などで調べると詳しくわかるでしょう。

中央構造線の上に位置する場所を実際に訪れてみると、なぜか居心地が良いと感じる場合がとても多いです。その居心地の良さを言葉で表現するのは難しいですが「空間が開いている」という感覚がします。きっと古代の人もそれを感じ取り、中央構造線上に信仰の対象として神の依代となる神籬を置き、それがのちの伊勢神宮や諏訪大社などとなったのではないでしょうか。

陽の道しるべ図の奇妙な点

ここで、淡路島の南端にある諭鶴羽山(諭鶴羽神社)、そしてその先にチョコンと飛び出た沼島に注目してみると、これも中央構造線の真上にあることがわかります。

陽の道しるべ図でも諭鶴羽神社は重要視されているようで、中心地にその名が明記されています。しかし、図では伊弉諾神宮の真南に諭鶴羽神社があるような書き方で、南北方向のレイラインに乗るかのように読めますが、このレイラインを検証してみると、諭鶴羽神社は伊弉諾神宮の真南ではなく、約8度のズレがあります。

諭鶴羽神社はイザナギ・イザナミの二神を祀り、明らかに伊弉諾神宮と繋がりがある事がわかりますが、8度ものズレは誤差の範疇とは言えません。この一見不可解な点こそ「知の要と感覚の要の混同」と考えれば合点がいきます。諭鶴羽山は中央構造線上のエネルギーを古代人が感じ取った感覚的要。そして伊弉諾神宮は太陽の運行に関連する知の要。それぞれ別のルーツを持つ信仰が時代の移り変わりとともに混同されていったと推測します。陽の道しるべ図に諭鶴羽神社が書かれているのは、イザナギ・イザナミの二神を祀っているという事実から、レイラインに載せたいという作為が働いて、8度のズレを「無かったこと」にし、こじつけてしまった結果だと思われます。

同様に、図では伊弉諾神宮から見て冬至日の出の方角に熊野那智大社があることになっていますが、実際には熊野那智大社はもっと南にあります。冬至日の出の方角にあるのは花窟神社です。宮司がこの図を作る際に「伊勢神宮や出雲大社など錚々たる社が各方角に出てくるのに、冬至日の出の方角だけ知名度がない花窟神社なのでは格が釣り合わない」と考えたのでしょうか?それでここでも角度が違う事実を無視して熊野那智大社を当てはめた…と。あるいはただ単に花窟神社の存在を知らなかっただけかもしれません。

僕が実際に行ってきた印象としては、年越し熊野旅(2)~上っては下る熊野の神社めぐり~で書いたとおり、花窟神社こそが熊野の地でもっとも格が高い特別な場所だと感じました。イザナミの墓所でもあるので、伊弉諾神宮との関連性も十分。もし僕が「陽の道しるべ図」を作るなら、冬至日の出の方角に入る神社はむしろ花窟神社以外には考えられないですね。
続く。

茶臼山に行ってきた(3)

巨石とカエル館を入り口とするその登山道。石で道が作られています。
道の左右には、入り口にあったものと同様、木々が巨石に根を張った森が広がっています。

この道を歩いているとき、なぜかこの空間だけは空気感がまったく違うように感じられました。カエル館の手前のキャンプ場は、ごく普通の森林という印象しかなかったが、ここはまるでどこかの神社の聖域であるかのように神秘的な雰囲気が漂っていました。逆にここが聖域などではない「ただの登山道」とされていることが奇妙に思えるくらいです。何が具体的に違うのかはうまく言葉にできませんが…。
このような苔の森なら割と全国そこら中にあります。たとえば長野県の白駒池周辺の森などが有名ですね。僕も一度、霧の漂う白駒池に行ったことがありますが、ここのような神秘的な印象は受けませんでした。だから、単純に苔の森が神秘的という話ではありません。
やはり茶臼山が国内有数のパワースポットと呼ばれるのにはそれなりの訳があるのかもしれない。

目を閉じてこの神秘的な感覚に浸っていた時、突然聞こえてきた「ピュー!」という音に我に返りました。おそらく野生の鹿の鳴き声です。茂みのむこうでガサゴソ音がして、動物が去っていく気配がしました。

この登山道の途中に、「ピリピリ苔石」という立て札がついた石がありました。大きさは1.5mくらい。
(写真を撮り忘れた)
この日最初に見つけた「ピリピリ丸石」は触ってもまったく何も感じなかったので、特に期待せず苔石に手をかざしてみました。

!!!
感じる・・・!
ピリピリというかジワジワ?極細の毛で手を内部からくすぐられているみたいな感じです。
これが果たしてプラセボ(思い込み)なのか、それとも実際になにか特別な性質がこの石にあるのか、それはわかりませんが、とても興味深い体験でした。
「丸石」には何も感じなかったのは何だったんだろ?

登山道を先に進むと、舗装された車道が登山道を横切っています。車道を超えて登山道をさらに先に進むと頂上に出ます。森の神秘的な印象はこの舗装路の手前くらいで終わっているように感じられました。山頂にはそれほど興味は無く、日が昇って暑くなってきたのもあってこの舗装路の先には進みませんでした。

10時にカエル館が開いたので入ってみることにしました。カエル自体には特別興味があるわけでもないので、展示物の印象ははっきり言うと薄いですw
なんとなく、古い小学校のような雰囲気が建物全体や展示物に漂っていたのは、館長がもともと学校の先生だったことも関係しているのでしょうか。

館内の一角に、「体温が上昇するスポット」なるものがあります。
ごめんなさい、ここの写真も撮り忘れたのですが、ネット上にはたくさんあるので気になる人は検索かけてください。
広さは畳一畳分くらいで、同時に体験できるのは二人が限度です。

もうね、ちょっと驚くレベルで入った瞬間からぽかぽか。体温計を持っていませんでしたが、明らかに体温が上昇していると自分でわかるくらいにはっきりと実感できました。磁気が通常よりちょっと強いくらいで体温が上がることはないので、これは磁気以外のなにかの物理的要因がピンポイントでこの場所にあるという事なんでしょうかね。しかし人間の思い込みの力というのはすごいので、これもプラセボである可能性もまだ否定はできません。さらなる研究が待たれます。

山根教授がこのぽかぽかスポットの事をブログに記しています。
今日こんなことが – 茶臼山カエル館のパワーを生体反応で確認

次回、いつ来るかわかりませんが、次回こそあの入り口にあったセーマン・ドーマンのことを忘れずに館長に聞いてきたいと思います。

というわけで、茶臼山の旅レポはこれで終わりますが、ここまでは前置きです(ぇ
僕が茶臼山絡みで本当に書きたかったことは、(1)の冒頭でも触れたように「中央構造線」に関することですので、次はそのことを書いていこうと思います。