Posts in Category: 神社

西日本駆け足神社めぐり旅(1)

今年のGWは九連休。今まで一度も行ったことがない中国地方や九州の神社に行ってみたいと思い、七日くらいかけて山陰から九州をまわる旅に出掛けることにしました。今回もいつもの通り、細かく予定を立てたり情報チェックはしないノープラン旅です。

僕はもともと電車や飛行機が苦手な上にGWの混雑ではとても旅どころじゃないので、移動手段は車の一択。もちろん車も渋滞にはまる可能性はありますが、リアルタイム交通情報をこまめにチェックしたり混雑しそうな時間帯を避ければ案外なんとかなります。
簡単に計算してみたところ、最終目的地を熊本県として、往復でおよそ2100km。七日間で回るとすると一日あたりの移動距離は300km。とくに行きは一般道での移動が主なので、かなりの駆け足で、移動にほとんどの時間と体力を使ってあまりゆっくり神社と向き合う時間はなさそうです。まずは行ってみて、良い神社だと思ったところだけ後日またピンポイントでゆっくり訪ねるという形にすることにしました。

籠神社と眞名井神社

最初の目的地に選んだのは、以前からこのブログで六芒星に関係する神社として気になっていた、京都の籠神社とその奥宮である眞名井神社です。京都府ではあっても北の最果て、日本海に面した場所なので、京都っぽさはないですね。僕が京都で普段感じる居心地の悪さもなかったです。

4月27日(土)、夜に家を出発。高速を使って舞鶴まで行き、道の駅で車中泊。5:00頃起きるつもりが二度寝してしまって、籠神社には6:45頃に到着。ここは地方の神社では珍しいゲート付きの有料駐車場でした。案内を見ると駐車場は7:00から開くと書いてあったので、二度寝してちょうど良かったぐらいでした。少し他所で時間を潰して6:55頃にまた来ると、すでにゲートは開いていて何台かの車も停まっていました。渋滞を作らないようにという地域への配慮から少し早めに開けたのかな?
いきなり出遅れましたが気を取り直して籠神社を参拝。とてもきれいな神社でした。

外観がきれいだという以外は特にこれといって印象に残らない神社でした。もう少しこう、なにか「感じる」神社だと思っていたので自分でもちょっと意外。ここでカメラのズームレンズを家に忘れてきたことに気付きました。なのでこの旅では40mmの単焦点レンズとサブのコンパクトカメラですべての写真を撮っています。レンズを忘れたショックで(?)写真も撮り忘れたらしくて籠神社の写真は一枚もない事に後から気付きました。

朝7時という早い時間にもかかわらず参拝客は続々とやってきます。
早々に眞名井神社に移動することにしました。籠神社から歩いて7~8分ほど。眞名井神社の前にも車5台分くらいの駐車スペースがありましたが一般客用ではないようなので籠神社から徒歩が無難です。

籠神社はあんなに人が来ていたのに眞名井神社に向かう人はまったくいませんでした。たまたまだと思いますが、もしかしたら眞名井神社の存在自体を知らない人も案外多いのかもしれません。

眞名井神社に近づくにつれて、なんとも表現できない神社独特の空気に変わってくるのがわかりました。籠神社では感じられなかった空気感です。社殿で参拝を済ませた後、その裏手にある磐座の前に立つと、前回の熊野旅での花窟神社の時と同じようになにか俗世のすべての物事を忘れさせてくれるような清々しい感覚に満たされて、かなりの時間そこにぼーっと立っていたと思います。その間も他にはだれもいなくて磐座を独り占めでした。写真撮影禁止とあったのでここの写真もなしです。

眞名井神社の入り口にある石碑。三つ巴の紋は数年前につけられたもので、その下にある本来の紋は六芒星。六芒星が何を意味しているのか、そしてなぜ三つ巴で隠されてしまったのかは今も謎のままです。
戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(3)で示したように、僕の神社めぐりの原点である三河の石巻山で見た六芒星。そこから「六芒星探し」をして伊雑宮と籠神社(眞名井神社)にも繋がりがあるとわかりました。ずっと気になったままですが、謎を解く手がかり一つも見つからないまま悶々としています。いつかこの謎が解ける日が来るんでしょうかね…。

籠神社から海沿いに北に15kmほど走ると「伊根の舟屋」と呼ばれる伝統的な建物の民家群があるのでちょっと行ってみました。よく晴れていて海を見ながらのドライブがとても気持ちよかったです。

展望台から見る舟屋群。下に降りて散策することもできますが、すでに太陽は高く登っていて写真映えもしなさそうだったのであまり気乗りがせず、今回の旅ではパス。舟屋の中には民宿として営業しているところもあるそうなので、そこを予約して早朝とか夕暮れ時、あるいは夜なんかに雰囲気を味わいながら時間を気にせずゆっくり散策したい場所でした。「行きたい場所リスト」に加えて、また西に車を走らせました。

昨年の白山中居神社での、とある体験

一年ぶりのブログ更新です。更新していなかった理由(言い訳)は書こうと思えばいろいろとありますがあえて伏せます。

今年2019年のGWは世間は十連休で、改元もあって色々と騒がれましたね。僕も九連休。久しぶりの長期連休だったので西日本へ神社めぐりの旅に出掛けました。その旅レポを書く前に、昨年の出来事を一つ書こうと思います。

これはブログには書かないで僕の記憶にだけ残しておこうと思っていたことなのですが、気が変わって書くことにしました。

昨年某日、白山中居神社に参拝に行った時の事です。日常の色々な事が心の重荷になり、心身ともに疲れてまたふらっと癒やされに行ったという感じです。山奥にある白山中居神社はたいていほとんど人がおらず、大木と川に囲まれて静かで清らかな空気が流れていて本当に癒やされるのです。その日も僕一人だけでした。

日の出からしばらく経った頃に拝殿の前に立ちました。参拝を終えたまさにその瞬間、木々の間から太陽の強烈な光が差し込んできました。この時の太陽の光はなぜかいつもとはまるで違いました。あたかも10メートル先に小さな太陽が出現したような、奇妙な感覚でした。その光はとても暖かく、手を伸ばせば太陽に触れられそうな気さえしました。夏の日差しのように…いやそれ以上に強烈なのに柔らかで、包まれるような不思議な光。白山中居神社の神様が僕を見てくれているように思えて、深く感動したのを覚えています。
下はその時の写真です。

白山中居神社と集落を隔てる川は朝日添(わさびぞ)川という名で、おそらくは朝日と水流が同じ方角だからこの名がついたのだと思いますが、僕の中ではこの日から朝日添川は「朝日に寄り添ってもらった」という意味になりました。感謝の気持ちを心の中で念じ、もと来た道を戻ろうとしました。ここでなんとなく、そのまま帰るのではなく朝日添川を太陽の方向に向かって歩いてあの光の余韻にもう少し浸っていたい、という気持ちになりました。

どれくらい歩いたかあまり記憶がありませんが、5分か10分くらいでしょうか。その先には大小ふたつの岩がありました。夫婦岩という名がついているようでした。大きいほうが女、小さい方が男。女岩は半分以上川に浸かっています。注連縄も無く、とくに御神体として祀られているような感じではなかったのですが、僕はこれも神の依代、磐座だと直感しました。女岩はあたかも子供を大切に抱いた女性のように見えました。そしてまた不思議なことに、女岩の上部に一瞬だけ、小さな仏様のような姿が見えたのです。「えっ?」と思って近づいていくと、何もありませんでした。後から考えると、仏様が見えた時、おそらく視覚で見えていたのではないんですよね。だから目をこらしてよく見ようとした僕は愚か者ですね…。神様も「こいつはいつまで経っても成長しないな」と呆れているかもしれません。まあ、屋久杉だって成長が遅いからこそあのような大木に育つんですしね(開き直り)

後からこの岩のことについて調べてみると、御手洗大岩とも言い、縄文の水神である瀬織津媛が祀られているそうです。日月神示では注連縄は古の神を封印するものだと書かれているので、注連縄がないこの御手洗大岩こそ、ある意味で本当の御神体なのではないかと思います。一応恐れながら写真も撮りましたが、これは公開しません。ネットで公開するようなものではない気がするからです。こんな気持ちになったのは御手洗大岩がはじめてですね。
もしこれを読んで気になってこれから行かれる人は、朝日添川は堤防など特に無くて雨の日の後などは水量が増しているかもしれないので、水難事故にならないよう気をつけて行ってきてください。