Posts in Category:

年越し熊野旅(4)~玉置山の星空~

この旅一番の目的地、玉置神社のある玉置山に向かって熊野本宮大社から168号を北上していく。このあたりから少し孤独感を感じはじめたのは日が暮れだしたせいか、それとも熊野市や新宮市などの大きな町から遠ざかって人里はなれた山間に来ているせいだろうか。好きな音楽をかけて気分を保ちながら、十津川温泉を経由してさらに進む。道中で猿の群れなどに遭遇した。

運転しながら一抹の不安がぬぐえずにいた。2016年の3月に奈良の天河大弁財天社(天河神社)に行ったことがある。天河神社は、ネットで検索すると色々とすごそうな話ばかり見つかる。「縁がなければたどり着けない場所」だとか「国内有数のパワースポット」だとか。それでかなり期待しながら実際に行ってみた。見た目には社殿もすごく立派で参道や境内の隅々まで美しく、確かに国内有数の見事な神社ではあった。しかし心の目で見える気配は、見た目とは反対にひどく矮小な神社という印象を受けた。神性をほぼ感じなかった。期待が大きかった分とてもがっかりしたので、このブログにもその時の旅レポは書いていない。ただその神社のある天川村はとても良いところだった。泊まった宿の料理はすごくおいしくて、そこの自家製梅酒に影響されて僕も自分で梅酒を作った。温泉があり、温泉街の雰囲気は最高。自然も豊かで観光地として行くなら天川村は十分おすすめできる場所だった。ただし天河神社はがっかりだった。かつては本当にすごい神社だったのかもしれない。でも今は天河の神は不在であると僕には感じられた。

そして玉置神社もまた天河神社と同じようにネットで「縁がなければたどり着けない場所」「最強のパワースポット」と囁かれているのだった。だからと言って一度も来ないまま天河神社と同じだと決め付けることもできない。ここも実際に来てみて自分の五感と心で確認してみたかったというわけ。

猿飼橋を渡って川を越えると玉置山に入り、標高を上げていく。一見するとどこにでもありそうな山だ。木も他の山々と同様、人の手が加わった杉で、神聖な雰囲気はまったく感じられない。降雪もなく念のために持ってきていたタイヤチェーンを使うことなくノートラブルであっさり17時少し前に玉置神社の駐車場に到着した。駐車場でもやはり特別な感じはしない。しかし結論を出すのはまだ早い。ここから神社へはさらに15分以上歩く。そこから先が神域なのだ。

レスキューフーズに救われる

太陽はもう今にも山の向こうに沈もうとしている。ここで、夕食をまだ食べていなかったことに気が付いた。先を急ぐあまり食事の事をすっかり忘れていた。ここ玉置神社の駐車場にも一応売店はあるのだが、当然のように営業していなかった。こういう時のために車には常に非常食を常備するようにしている。今回はそれを食べることにした。

レスキューフーズ 一食ボックス。この牛丼の他にカレーとビーフシチューも持っていた。今回は一番においが車内にこもらなさそうな牛丼を選んだ。このレスキューフーズシリーズはとてもおすすめできる。作るのに水も火も用意する必要がなく、スプーンも付いているのでこの一箱さえ持っていればどこでも簡単に暖かい食事が食べられる。味も非常食と聞いてイメージするレベルをはるかに超えるおいしさだ。牛丼は今回はじめて食べたがやっぱりおいしい。量は少し物足りないけど贅沢は言わないでおこう。今日ほどこれを持っていて良かった!と思った日はない。南海トラフ地震も近いうちに必ず起きると言われているから、そのための備蓄食としてもコツコツ買いだめしておくと良いと思う。事が起きてからではもう欲しいと思っても注文殺到でまず買えないからね。

僕の他にも車は何台か停まっていた。みんな玉置神社での年越しをしにきている人たちなのだろう。食事を終えると空はもうすっかり暗くなっていた。もう少し早く到着していたら神社の方まで歩いて下見にいくつもりだったが、今行っても真っ暗で下見にならなさそうだったので、そのまま駐車場に留まって夜まで仮眠をとることにした。この玉置山は標高1,000mを超え、平地より気温が5℃ほど低い。平地で0℃であれば、ここでは-5℃になる。この日のために新たに買った寝袋にもぐりこむとすぐ眠りに落ちた。

無数の星々

夜11時にアラームで目が覚めた。外に出てみると、星が空いっぱいに無数に輝いていた。愛知で見る星空とはまったく比較にならない。星ってこんなにも多かったのか・・・。すっかり感動してしまった。もしも玉置神社ががっかり神社であったとしても、この星空を見られただけで十分すぎるほど満足だ。

うっすらとだが、天の川も見える。シリウスがこの夜は一段と明るく輝いて見えた。南方熊楠は玉置山の神は狼を使役とすると随筆に書いた。シリウスの別名は天狼星。とすればシリウスがここ玉置山でひときわ輝くのも道理かもしれない。この時間に駐車場にやってくる車も何台かいた。人が降りてくると、最初に口にする言葉はみんな共通して「さむい!」と「星やばい!」だった。僕はけっこうな時間、星を眺めたり写真を撮ることに事に熱中して、気が付いたら駐車場にいた人はもうほとんど神社の方に行ってしまったらしい。僕も準備をして鳥居をくぐり、神社に向かう事にした。

玉置の神域と風の境界

ところで、なぜ僕が初詣(正月)ではなく年の暮れに熊野詣でに来ようと思ったのかと疑問に思った人は鋭い。多くの場所を回りたかったからというのもあるが、あえて正月ではなく年末に来るべき理由があるのだ。人間都合の時間軸ではなく、自然界の時間軸で考えてみるとよくわかる。一年を24に分けた二十四節気。その22番目、冬至(12月22日頃)が一年のうちでもっとも日の出から日没までの時間が短い。冬至を境にして太陽が出ている時間がまた長くなっていく。これは(北半球の)陰から陽への転換点が冬至であることを意味する。自然界の時間軸においては冬至からあらたな一年が始まると考えた方が理にかなっている。従って自然信仰を追う者としては冬至が終わり師走の忙しさからも一息つける連休、つまり年末に来るのが“初詣”としてベストだと考えられるのだ。それになんと言っても年末は神社もすいていて、ゆっくり気の済むまで神社と向き合える。人でごった返している神社にきて乱暴に賽銭を放り投げ、お礼もそこそこにあわただしく自分の願いだけ伝えて帰っていく人の話を神は聞いてくれるだろうか?正月は神も奥で寝静まっているか、もっと酷ければ人間の傲慢ぶりに呆れて神社から永久に去ってしまって神不在となり果てる気がする。天河大弁財天社もおそらくそのパターンなのではないかという気もする。ここ玉置神社ではどうか?

駐車場から先に明かりはまったくない。ほぼ新月で、月明かりもない。ヘッドライトをつけて神社の方向へと進んでいく。途中からは下りの階段になっていて、しばらく降りていった。それまでほとんど無風だったのが、ある場所から急に嵐のような強風が吹き始めた。右手は深い崖でライトで照らしても下は見えない。神社の方には人がいるはずだが、まったくその気配もしない。真っ暗闇に一人きりで強風の寒さに耐え、少し恐怖を感じながら先へと進んだ。やがて風はまたピタリと止み、前方にあかりが見えてきた。太鼓の音もする。玉置神社だ。

玉置神社では除夜の鐘ではなく“除夜太鼓”を108回叩く。108人の参加者には絵馬と太鼓を打ったバチが授与される。一般参加者は見た感じ30人にも満たない。足りない分は白装束を着た人が叩いていた。彼らはおそらく神子(みこ)と呼ばれる、玉置神社で神に仕える男性。神子も普段は別の仕事をしているごく普通の一般人らしい。僕は除夜太鼓には特に関心がなかったので叩いていない。時間はすでに0時を大きく回っていた。除夜太鼓の終わりは玉置神社の大晦日のすべての祭事の終りでもあり、そのまま朝を迎えることになる。僕は当初の予定ではそのままひとりで山頂に行って朝を待ち、ご来光を見るつもりだった。しかし気が変わって再び車に戻って寝ることにした。一日歩き回って疲れていたせいもあるが、あの強風に吹かれてからなんとなく畏怖の念を覚え、闇夜に山頂に行くのは控えた方が良い気がした。一言で言えば怖かったからだ。

また一人で来た道を引き返した。来たときと同じくある場所から強風が吹き荒れ、ある場所まで来るとぴたりと止む。神社では川が人間の領域と神域を隔てる境界線となっていることがよくある。ここ玉置神社では風がその境界線らしい。この時、玉置山には今も神がいると悟った。

前:年越し熊野旅(3)~続・上っては下る熊野の神社めぐり~
次:年越し熊野旅(5)~玉石社と玉置の神~

富士登山

3日(月)に休みをもらって富士山へ登ってきました。

毎度のことながら、自分自身の事となると直前にならないと予定が立てられない僕・・・。3日に登るという事だけは決めていたのに、どこに泊まるかなど具体的な予定を考えたのは出掛ける直前になってからw
睡眠不足は高山病にかかりやすくなるというから宿は重要なんだけど、なぜか直前にならないと決められないんですよね。ほんと困ったやつだ。

結局、適当な宿は見つからなかったので、富士山のふもとまで行って車中泊することにしました。車中泊はもう何度もやっているので慣れてますが、真夏の車中泊は未経験で、寝られるかどうかだけが心配でした。もし暑かったら標高が高いところに行って寝ると決めて、2日夕方に家を出発。

途中、いくつかの店に寄り、日焼け止めや登山中の行動食、水、軍手など必要なものを購入。富士山では紫外線対策は必須です。水と食べものは山小屋でも買えるのであまり心配は要らないのですが、その代わり値段が平地の何倍もするので重量と自分の体力を考えて持てる分だけ下で買っていくと良いです。

名古屋から東名高速に乗り、およそ3時間で裾野ICに到着。ここから一般道で、24時間営業のお風呂と休憩所がある「EXPASA足柄」まで行き汗を流す・・・つもりがお風呂がかなり混んでいたので先に仮眠をとって、お風呂は早朝に入ることにしました。このEXPASA足柄は標高およそ500mくらいのところにあり、平地に比べると3度ほど気温が低くなる計算です。蒸し暑さはありましたが眠れないほど不快ではなく、割とよく眠れてよかったです。

3:30に起きて再びお風呂へ。今度はすいていました。汗を流してすっきり。朝食に消化のよさそうなものを食べ、富士宮ルートの二合目にある水ヶ塚駐車場へ。ここから上はマイカー規制されていて上がれないので、シャトルバスに乗り換えになります。駐車代と富士山保全協力金がそれぞれ1,000円。それにシャトルバス往復チケットが1,500円。合計3,500円。

時間は6時少し前。この日は平日ですがすでに何十台も車が止まっていました。シャトルバスの始発は6:00。混んでいるのは嫌いなので、二本見送って人が少なくなった6:30のバスに乗って五合目駐車場へ。

DSC00027

五合目(標高2,400m)ですでに雲の上です。天気も良く晴れて、気持ちいい~!

富士山の登山ルートのうちもっとも人気のある吉田ルートの五合目にはいろいろなお店や神社などもあってにぎやかなようですが、この富士宮ルートの五合目は小さな売店と食堂があるだけです。僕は静かな方が好きだからこの富士宮ルートも悪くないな。

高度順応のためここで1時間ほど時間をつぶします。他の人の様子を見ていると、五合目に着くなり高度順応もそこそこに登り始める人が少なくなかったが大丈夫なんだろうか?
僕は人一倍気圧変化に弱い体質。低地でも雨が降る日はたいてい頭痛がします。富士山に登るのは今回が初めてで、高山病だけが心配なので、ゆっくり登ります。

見上げると頂上はわりと近くに見えます。そう見えるだけで実際登り始めると果てしなく遠く感じるのが不思議。

七合目、八合目あたりで頭痛がしてきました。高山病の兆候ですね。水分を多めに取って、定期的に腹式呼吸による深呼吸を繰り返すと、症状が和らいできました。そこからは快調でした。体力にはまったく問題なく、思ったよりも順調に登ることができました。

九合目を超えてから酸素が薄いことが実感できます。九合5尺の山小屋で水をごくごく飲んでいると、そのちょっと呼吸しなかった間に脳が酸素不足になったらしく、視界が軽くブラックアウトしましたw

DSC00045

DSC00043

13:00、登頂。
最高の眺めです。ここにある売店でカップうどん(800円)を買って食べました。ここでは800円という値段も安く思えます。夏でもここは真冬並の寒さ。暖かいものがすぐに食べられることだけでもすごいことですね。ちなみに富士山の頂上は火口全域を指しますが、その火口の一角に剣ヶ峰という、ちょこんと突き出た場所があります。

DSC00051

この剣ヶ峰の上こそが本当の日本最高標高3,776m地点。剣ヶ峰の上まで行かなければ本当の登頂ではない。

というわけで14:00、3,776m地点に到着!
「富士山は見て楽しむ山であって登っても楽しくない」という人もいるけど、人生で一度は登ってみるべきですね。

なお下山はモチベーションになるものも特になく、ほこりにまみれながらひたすら下りていくだけの苦行でしたw