月と共に巡る伊勢志摩(2)〜月夜見宮と豊受大神宮

早めに寝たからか、朝4:00に目が覚めた。窓の外を見ると当然ながらまだ真っ暗。雨も降っているようでした。二時間ほど時間を潰した後にホテルを出発。内宮には一度来たことがありますが、外宮の参拝は今回が初めてです。

泊まったホテルから徒歩15分、豊受大神宮(外宮)の別宮、月夜見宮。天照大神の弟神である月夜見尊を祀るとされています。木々に囲まれた社は7:00を過ぎてもなおまだ暗い。

この日がたまたま満月だったので、月つながりで参拝に来ました。内宮の別宮にも同じ読み方で漢字だけが違う「月讀宮」があります。祭神の月夜見尊(または月読命)は祀られる神社も少なく、謎の多い神さまです。社の左手には黒く焦げた楠があり、若干禍々しい雰囲気もありました。なんでも世界大戦の時の焼夷弾で焼けたそうです。この楠はなんだか写真に撮ってはいけない気がしたので写真なしです。

月夜見宮から歩くこと10分、続いて外宮を参拝。雨は小降りから霧雨に変わり、同時に参拝客の数も増えてきました。これでも昨年以前と比べると全然少ないんでしょうね。落ち着いてゆっくり参拝できるという意味ではありがたいのだけど。

外宮の初参拝を終えての感想は、素朴な、人に寄り添う神社という印象でした。内宮は外宮に比べるともう少し厳格な感じ。内宮に祀られる天照大神は女性神とされていますが、僕の印象はどちらかというと外宮が女性的で、内宮が男性的に思えます。

外宮を出ると一気に晴れ、濡れた道路に太陽光が反射していました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。