西日本駆け足神社めぐり旅(2)~酒賀神社~

伊根から山沿いの田舎道を西へ。毛虫がそこら中で道路を横断していて、踏まないように注意しながら運転していました。次に訪れたのは鳥取市の標高400mの高地にある酒賀神社。詳しい来歴はなにも知らない社ですが「山中にある古い神社」という情報だけで来てみた。

祭神は大穴牟遅命、八上姫、大山祗命。

雰囲気は悪くない。悪くはない…。でももう一度来たいと思わせるようなものも特にないかなという印象。

龍や酒天童子の彫刻が見事。相当古いものだと思うけど、どことなく漫画的で現代の彫刻と言われれば信じますね。

すぐ隣には小さなサーキット場の廃墟がありました。静謐な神社の隣にサーキット場を作るとは…。立地センスが最悪と言わざるを得ない。ちょっと調べたら鳥取プレイランドという遊園地の跡地のようです。ここも含め、僕はバブル時代の雰囲気がちょっとでも感じられるものはなんであってもすごく苦手です。長野県の○○リゾートとか。汚物に触れてしまったような最悪の気分になります。なぜかはわかりませんが、傲慢な人間の欲のにおいに心の奥の方で拒絶反応を起こしているからでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。