養老方面へ早朝プチドライブ(1)

忙しかったりなんやかんやとあって出かける時間も気力もあまり無かったここ最近。元気が無い時こそ出かけて歩くべし、というわけで今朝、養老方面へプチドライブに行ってきました。養老はうちから車で約40分くらいの距離。

ついでに星空も見たかったので、朝4時起床。冬は6時近くまでは星が出てます。
養老に行く途中の木曽川堤防に車を停め、しばし星空鑑賞。

12月とはいえまだ気温はそれほど寒くないし、手袋などは要らないだろうと思っていたが、堤防の上はめちゃくちゃ寒かった。

名古屋方面の街あかりが明るすぎて地平線近くの星が写っていない。明るいと言っても肉眼ではライトがないと何も見えない暗闇なんだけどね。カメラの高感度撮影ではわずかな光の差が増幅されて、星の写る写らないの差にはっきりと表れる。これだけ明るいと天の川も写らない。ちゃんと星を撮るならやっぱり山に行かないダメみたいだ。

西側の空は名古屋ほど明るくないが、近くの民家の光がダイレクトに写ってしまってやはり星空撮影に向くスポットではない。
それに星自体も東側より少ない?でも全体的には思ったよりも綺麗に撮れてたし、いい練習になった。星の光を強調するソフトフィルターを市販のものではなく、ネットで調べて自作してみた。フィルター効果が強すぎず弱すぎず、バッチリみたいだ。

夜が明けてきたので再び車に乗って養老へ。途中で渡った橋のライトがきれいだったので少し進んだ所に車を停め、太陽がのぼってしまう前に撮りたくて、橋までダッシュで戻った。いい運動になった。

(2)へ続く。

巨大杉株の森

久しぶりに休日に晴れてくれたので、岐阜県関市にある「巨大杉株の森」に行ってきました。

一度切られたところから再び幹が幾本も伸びて、こんな独特の姿になったらしい…。すごい迫力。杉というとつい植林の細く揃った杉をイメージしてしまうけど、本来の杉はこれほど太く強く成長するものなんだなぁ。近くにいると神々しささえ感じる。

これらの杉の樹齢は400年~500年と言われている。