Posts Tagged: 三河

戌年~犬神(狼)の2018年~僕が神社めぐりを始めた理由(1)

前回:戌年~犬神(狼)の2018年~僕と発達障害とwolftones(2)

毎度ながらまた間があいてしまいましたが続きを書いていきたいと思います。

wolftonesの「聖地」

wolftonesという名は僕自身が考えたというよりは、なにか他所から僕の頭のなかに入ってきて閃いたような感じでした。
時は2014年のゴールデンウィーク前。GWの連休にはどこかに旅行に行きたい、でも誰でも知っているような観光名所に行くだけの旅には僕はあまり興味がありません。何か旅のテーマがあると面白いなと考えた末、「wolftonesの聖地を勝手に認定してそこに行く旅」というテーマを思いつきました。聖地と言っても神や信仰などといった話ではなく、要はアニメやドラマでよくある「○○の聖地」のように軽いノリの、ちょっとした遊び心で思いついただけの旅のテーマでした。

wolfは狼なので、狼に関係する神社が日本のどこかにあるかもしれない、もしあったらそこを聖地にしよう、というような言葉遊びをしつつ調べました。そしてGoogleで「おおかみじんじゃ」と入力して最初に出てきたのが、奈良の大神神社でした。大神と書いて「おおみわ」と読みます。この時点では僕はまだ大神神社はもちろん、神社や神道についての一般的な知識さえ持っていませんでした。大神神社について少し調べてみると、日本最古の神社だとか、なんだか色々とすごそうな事が書いてあります。ここを勝手にwolftonesの聖地にしようと決め、GWの旅の計画を練ることにしました。

しかし、予定日が近づけば近づくほど、そして大神神社について調べれば調べるほど、行く気がどんどん萎えていきました。一言で言えば怖くなってしまったのです。「ここは遊び気分で軽々しく行って良い場所ではない」という思いを心の奥に感じ、それが日増しに強くなっていきました。いわゆる畏怖の念ですね。

最終的に大神神社に行くのは断念しました。とは言え、一度決めた「聖地の旅」の思いは捨てがたく、代わりになるいい場所はどこかないかな~……というようなことをSNSでつぶやいていたら、ある人が「愛知県一宮市にも大神神社があるよ」と教えてくれました。

早速GoogleMapで調べてみると、たしかに僕の住む稲沢市の隣の一宮市にも大神神社があります。
そしてなんとなく、奈良の本家大神神社と一宮市の大神神社とを直線で結んでみると、ほぼ正確に南西-東北方向にきれいに結ばれました。
この直線を見ていると、さらに一宮市の大神神社から今度は鏡写しに南東方向に直線を引いてみたくなりました。
その線の先に何があるかまったくわからないけれど、とにかくその先にある場所をGWの旅の目的地にしよう。直感的にそう思いました。
この時なぜ南東方向に線を引こうと思ったのか、自分でもわかりません。なんとなくそうしたかったから…としか表現できませんが、今考えるともしかしたら何かが僕を導いたのかもしれないという気もします。

その線を地図上で辿って最初に気になった場所が、石巻山という、愛知県東三河にある山です。名前も聞いたことのない山でしたが、この名前に何か惹かれるものを感じ、自然や登山が好きな僕はこの石巻山をGWの旅の目的地に決めました。マイナーな山なのでGWでも人はそれほど来なさそうで、静かで良いかなとも思ったからです。

石巻山から始まった神社巡り

石巻山についてネットで調べてみて、とても驚きました。
「奈良の三輪山(大神神社)の社伝には、三河の石巻山が三輪山の『奥の院』である旨が記されている」という情報を見つけたからです。もちろん僕はそんなことはまったく知りませんでした。真偽は不明です。真偽を確かめようにも、僕のような一般人が大神神社に社伝を見せてくれと言って見せてもらえるものでもないでしょうしね。
ただ、なんの知識も持たなかった僕が大神神社から石巻山へと直感によって導かれるようにたどり着いた事と、このネットの情報とが不思議にリンクしている気がして、確証こそないものの、両者にはなんらかの関連性があることは確かだという感覚だけはありました。

そうこうしているうちにGWの連休に入り、僕は石巻山に登山に出かけました。
ここからは当時書いた日記をそのまま引用しつつ書きます。

5月4日、晴れ。
朝4:00に起きて出発の準備をしていると、早くも空が白んできました。日の出が早くなりましたね。高速道路は渋滞しているだろうと予想し、R23→R1ルートで豊橋へ。朝早いこともあり道はとてもすいていました。

7:30頃、豊橋市に到着。石巻山は、遠くからでも一目でそれとわかる、本当にきれいな三角形をしていました。写真だと雰囲気があまり伝わらないかもしれませんが、実物を見たら「緑のピラミッドだ」と誰もが感じると思います。はるか昔から信仰の対象にされていたのも頷けます。

まず石巻神社下社へ参拝してから石巻山登山口へ向かいました。その途中で、「ほっとい亭」というとろろ汁のお店がありました。そのお店のたたずまいになんとも言えない懐かしいような心地よさを感じて、開店前なのに思わず駐車場に車を停めて、ぼんやりとその心地のよさを楽しんでいました。

でもぐずぐずしていると石巻山に人が来てしまうかもしれないので、すぐに登山口へ移動。
幸い僕の他には家族連れが一組来ているだけでした。8:30頃、登山開始。

山の中腹に、小さな祠があります。

この祠にあった、六芒星が描かれた鏡?こそ僕の神社巡りの原点です。これを見て、理屈ではなくやはり直感的にですが「僕は今後の人生で六芒星を追う」という気持ちに自然となっていきました。
よく見るとこの六芒星は下向きの三角が二重線になっています。理由はわかりませんがなんらかの意味があるものと思います。なお僕はこの後にも2回、石巻山に行っていますが、六芒星の鏡を見たのは2014年のこの時が最初で最後です。
ここだけでなく、なぜか近年になって全国各地の神社で次々と六芒星が消され、あるいは隠されているようです。伊勢神宮の灯籠、籠神社の絵馬、真名井神社の石碑など……。
もちろん個々の神社の方針がたまたま重なっただけの、単なる偶然という可能性もあります。しかし僕はどうもなにか共通の意図による「六芒星隠し」のような気がして仕方がないんですよね。そうだと仮定した上で個人的にはその理由についてもひとつの仮説を立てていますが、現段階では僕の妄想に過ぎないかもしれないので、このブログにはもう少し具体的に何かわかってから書こうと思います。

この祠から上の山域は、気配がガラリと変わります。まるで巨大な緑色の生き物の体内に入って螺旋状に登っていくかのような感覚。石巻山はまるで、山に化けた龍体のような。以前のエントリで東三河は水の中のような空気感と表現しましたが、石巻山は僕の中で「三河という海の底に鎮座する龍宮城」というイメージですね。

再び日記から引用。

下山して、またすぐにふもとのとろろ汁屋「ほっとい亭」駐車場に来ました。
ここにいると本当に落ち着く。

時計を見ると10:20。
開店は11:30なので、まだ1時間以上も時間があります。
ここで食事をするか考えていると、僕の直感(右脳)と理性(左脳)が言い争いをはじめました。

左脳「一番安いメニューのとろろ汁定食でも1500円と書いてあるぞ。とろろが食べたいわけでもないのにちょっともったいないんじゃないか?」

右脳「いや!今日はここで食べるんだ!」

左脳「開店と同時に入ったらたぶん店主と言葉を交わすことになるぞ。そういうの苦手だろ、いいのか?」

右脳「いい!」

左脳「開店までまだ1時間以上もあるぞ。石巻山以外にも行きたい所があったんだろう?時間が無駄になるじゃないか」

右脳「もう他なんてどうでも良くなった!ここで食べるべきだ!」

右脳の声は普段はとても小さくて聞き取れない事もしばしばなんですが、この時の右脳は全力で左脳の意見を否定していました。
結局僕は右脳に従い、開店まで待つことにしました。

このほっとい亭の店主との出会いもとても不思議な縁を感じるものでした。
続く。

東三河は水の中のような空気感(1)~ほっとい亭~

ブログには書いていなかったが、実は先の秋から冬にかけて割と頻繁に近場を中心にプチ旅していた。毎度帰宅時間は夜遅くになり、仕事も朝早いものだからブログに写真と記事をアップするのを後回し。そのまま週末になる頃には仕事に疲れてアップするのがめんどうになり、やがて日も過ぎてそのまま放置、というパターンが続いていた。

春になるにつれて気力が出てくるのも僕には毎度の事。随分と写真がたまってしまったので、元気が出てきた今日はそれらを少し載せていこう。

これは昨年10月に行った、東三河は石巻山のふもとにあるとろろ汁屋「ほっとい亭」。僕が今までに行った料理屋のなかでもっとも気に入っている店の一つだ。僕が石巻山に初めて行ったのは一昨年のゴールデンウィークで、その時にほっとい亭をたまたま見つけ、僕はとろろが特に好きなわけでもないのだが、その時はまるで花の蜜に誘われるミツバチのように、なにか店全体から漂う独特の心地よい気配に吸い寄せられて入っていった。その時の石巻山とほっとい亭での出来事、またほっとい亭にまつわるちょっと不思議な話は、これまた僕が神社めぐりをはじめた理由にも絡んでくるのだが、超長くなるのでそれはいずれまとめて書いていこうと思う。

ほっとい亭はまるで石巻山と一体化したかのように、なんの違和感も無く自然と調和している。東三河に行くと毎度感じるのは、空気感がまるで水の中のようだということ。他所と比べて湿気が高いわけでもないのでなぜそう感じるのかはわからない。写真から東三河のみずみずしい空気感が伝わるだろうか。ちなみに岐阜は石、奈良は土、長野は水分を多く含んだコケやシダなどの植物のイメージ。他の地方にもそれぞれ特有の「色」や「におい」や「肌触り」を感じる。物理的にではなく僕の個人的な感覚として。

内装もほとんど古民家のものをそのまま使っている。座敷部屋には箪笥などが、かつて誰かが生活していた当時のまま置いてあるので、まるで田舎の誰かの家におじゃましているような気になる。そしてとても懐かしいにおいがして、落ち着く。何時間でもいられる。できるならそのまま布団を敷いて寝たいくらいだ(笑)