Posts Tagged: 三柱鳥居

戌年~犬神(狼)の2018年~僕と発達障害とwolftones(1)

_MG_1516狼を守護神とする三峯神社の三ツ鳥居

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

上の写真は、昨年の夏の旅で参拝した三峯神社の鳥居です。特徴的な形をしていますよね。
三峯神社は個数限定の「白い氣守」を求める人の大行列がたびたびテレビでも取り上げられるなど、今や全国的に有名になりました。
この元旦もさぞかしすごい行列ができたんでしょうね。

僕が昨年、三峯神社に行こうと思った理由はお守り目当てではなく、ここが狼を神の使いとする神社だったからです。
今回はその話をします。

「狼や神社が発達障害とどう繋がるんだ?」と思われるかもしれませんが、少なくとも僕にとっては今後の人生を左右するほど極めて重要な繋がりがあります。毎度ながら長文になりますが、最後まで読んでもらえればきっと「そういうことか」と思ってもらえるはずです。

狼信仰を持つ東の三峯神社と西の玉置山

三峯神社の特徴的な鳥居は「三ツ鳥居」と言い、日本最古の神社としても知られる奈良の大神(おおみわ)神社と同じものです。
「大神」は言霊として「狼」と繋がりがあり、また「みわ」は古代の豪族「三輪氏」と繋がります。

そして三と鳥居と言えば、去年は三柱鳥居についての記事をいくつか書きました。
三柱鳥居も僕にとって非常に興味深いものであり、そのルーツは大神神社と同じ奈良の玉置山にあるのではないかという仮説を立てました。
熊野旅後記(2)~美濃の怪物伝説と艮の金神:玉置山の玉石社は全国に点在する三柱鳥居の原型か

玉置山の信仰も三峯神社と同じく狼と深いつながりがあります

数百人~数千人規模の小さな集落であった縄文時代には、三柱鳥居とその中心に積まれる石組み「神座」を神の依代として参拝するという様式であったのが、やがて人口の増加とともに大人数の参拝にも対応できる様式へと変化していったのではないかと推測します。
三柱鳥居は横に広がって三ツ鳥居という「門」の形態に変化し、その奥に神座に相当する本殿、それを拝する拝殿とそこに到る参道という風に次々と様式が作られて行き、さらに三ツ鳥居の左右が省略されて現在一般的に見られる「鳥居」になったのではないか……そんな風に想像します。

ラテン語や古典ギリシャ語で三を意味するtri(トライ)という数詞があります。trident(三叉槍)やtriangle(三角)のtriですね。
鳥居の原初の形態が三柱鳥居および三ツ鳥居という前提で考えるなら、鳥居というものは三という数と切っても切れない関係にあることになります。だとすれば、ラテン語/ギリシャ語の「tri」と「トリイ」という二つの語のルーツは同じところにあり、最初に発音としてトリイという言葉があって、その後、大和朝廷の時代に入ってから鳥居という漢字が当てられたではないか、と思ったりもします。
triなどの古い数詞はそれ自体、起源がはっきりしているわけではないので、文献に残されていないほど古い時代に大陸と日本とを行き来していた民族があったとしても不思議ではないです。これはまあ、あくまで空想です。

僕は三という数が好きです。
僕のハンドルネーム「悠」は、発想のもとはアルファベットのYとUUでした。三叉の「Y」と、水瓶座のシンボルである二本の波線をイメージした「UU」を組み合わせたものです。それを読んで「ゆう」。さらにその音から悠久をイメージする「悠」の漢字を当てました。

水瓶座のシンボルの二本の波線は、男性性と女性性の両立を表していると言います。僕はジェンダーとしては男性ですが、感性の部分では女性寄りであるような気がします。水瓶座のシンボルと同じです。
そして三叉の「Y」は、深い意味を込めたわけではなく、単にイメージとして好きな形だったから選んだだけなのですが、今になって思うと、古代の「三」に絡む物事を探求する人間として深層心理にそのイメージが刻まれていたのかなとも思ったりします。

また、同じく僕の探求の旅と深いつながりのある籠目紋=六芒星は、上向きの三角形と下向きの三角形を組み合わせた図形です。これもやはり相反するエネルギーの両立や調和を意味すると言われています。男性性と女性性、陰と陽、プラスとマイナス、火と水。六芒星のキーワードは「調和」です。

「発達障害」に代わることば

唐突に発達障害の話へと移ります。くどいようですがちゃんと狼や神社の話と繋がるので笑
発達障害は広義では知的障害なども含みますが、ここでは知的障害のない自閉スペクトラムやADHDなどの、見た目には障害とわからない障害だけを指して便宜上「発達障害者」と書きます。

僕も発達障害(PDD)の当事者であり、発達障害者のためのSNS、PDDSNSを数年前から運営しています。
実は当初から「発達障害」という言葉をあまり使いたくないという思いがありました。

この障害は社会との関係次第であって、発達上の特性を持っていても社会とうまく折り合いをつけて生活できている人なら障害とは呼ばないし、逆に軽度でもそれが社会に馴染めない要因となっているなら障害です。

理想は、発達障害者全員が、特性を持っていても困ることのない社会……つまり「発達障害者という言葉の存在しない社会」です。
しかし現状では、発達障害者を定型発達者向けに用意された枠に無理やり押し込める方向での支援しかないというのが実情で、ごく一部の企業などでは発達障害者の特性の優れた部分を活用しようという動きもあるにはあるもののの、当事者がそういったところとうまくマッチングする機会は砂漠でダイヤモンドを探すくらい困難で、当事者にとって理想の社会にはまだまだ程遠いものがあります。

社会が変わることを、変わるかどうかもわからないまま指をくわえて待っているわけにいかないので、当事者自身ができることはないかと色々と考えてきました。PDDSNSを運営していてまず気付いたことは、発達障害当事者のほとんどは自尊心と自己評価が著しく低いということです。
これは間違いなく、幼少期からの生育環境が強く影響しています。
ラベリング効果という心理学のことばがあります。「あなたは○○だね」と何度も繰り返し聞きば聞くほど、その○○になっていく、といった効果です。

「お前は勉強ができないダメなやつだ」などの言葉を幼少期から親や教師などから浴び続けると、本当は出来るのに、自分は出来ない子供であるという洗脳を受けた状態になってしまいます。ちなみにこれは僕の子供時代の実話。自尊心をことごとく踏みにじられた僕は13歳から5年間も引きこもり、この洗脳から脱却するためにさらに10年以上の月日を要しました。今も本当に脱却したと言えるのかどうかわかりません。僕を評価する人が現れると、心の奥底で「これはウソだ、僕は評価されるような人間じゃない」という自己否定が顔を出し、全て投げ出して逃げたくなる時があります。実際にそうして成功するチャンスを逃した事があります。

ラベリング効果の影響は言葉だけに限らず、たとえばある犯罪を犯した者が、薄汚れて罵詈雑言の飛び交う刑務所に収監されると、その環境そのものがラベリングとなり、自身の中の「犯罪者ラベル」をより強固にし、犯罪者的気質からますます抜け出せなくなります。

発達障害者にとっての大きな問題は実は障害自体ではなく、こうして親教師からピントの外れた叱責や暴力を受け続けることによってある意味で虐待を受けたのと同様、自己肯定感を持てなくなったり、人間不信になったり、うつなどの二次障害を発症してしまう事です。日本の場合、発達障害者の半数以上が該当するのではないでしょうか。

「社会が変われば障害ではなくなるような障害なら、最初から自ら障害と呼ぶ必要もないんじゃないか?」
「失った自尊心を自分たちで取り戻すような活動をするためには、発達障害に代わる、もっとポジティブな言葉に置き換えてみたら良いんじゃないか?」

そんなことをぼんやり考えていたある日、wolftone という音楽用語を知りました。

ウルフトーン

ヴォルフトーン(独: Wolfton )、またはウルフトーン(英: wolf tone )とは演奏音と楽器の胴体の共振周波数が一致した時に発生する、原音の周波数を増幅/拡大した、持続し共鳴する人工的な倍音である。周期的な唸りを伴う事が多く、それが動物の狼の吠え声に例えられた事からこう呼ばれる。 類似の名称を持つ現象としてwolf intervalがあるが、これは古典音律において、純正音程から大きく外れているために、同時に鳴らすと強いうなりを伴う音程の事を指す。
wikipedia

ウルフトーンは本来鳴らしたい音程から大きく外れるため、鳴らないように修正されます。
しかしこの倍音という成分を単体で見てみると、また違った一面が見えます。

倍音

古来合唱などで、本来聞こえるはずのない高い声がしばしば聞かれる現象が知られており、「天使の声」などと呼ばれて神秘的に語られていた。これらは倍音を聴取していたものだと現在では考えられている。
wikipedia

他の音に馴染まないので強制的に修正されるが、それ単体として見てみると素晴らしいものであるという点が、発達障害を表す別の言葉としてぴったりだと考え、僕はこの特性の良い部分に着目し生かしていく活動を自分の中で wolftonesプロジェクト と名付けました。

長くなりすぎたので一旦区切ります。
戌年~犬神(狼)の2018年~僕と発達障害とwolftones(2)へ続く。

大和三柱鳥居建立のいきさつ

関連記事
大和三柱鳥居を見てきた(1)
大和三柱鳥居を見てきた(2)

本題に入る前に少し近況など。
前回の投稿から7ヶ月も間が開いてしまいました。
今年は春からプライベートと仕事共にいろいろ頭を抱えたくなる出来事が重なり、それによって溜まっていた疲れが夏頃にどっと表に出たんでしょうね。発達障害故の脳疲労が原因だと思うけど、調子が悪くなって、ブログ記事を書く気力すら沸かなかったというのが更新できなかった主な理由です。仕事は休めないので、回復にも時間がかかります。

家に閉じこもってばかりだと精神的にも悪くなる一方だと思い、ちょっと無理してお盆の連休中に群馬県方面に一人旅に出たものの、まったく気分転換にもならず、せめて太陽に当たるだけでもうつ予防になるかと思ったのに、終止雨が降っていました。おかげでますます辛くなるありさま(;・∀・)
ちなみにその旅では、俗に関東随一のパワースポットと言われている榛名山と秩父の三峯神社に行ってきました。調子が悪かったせいでその時は特に何も感ずるものが無かったけど、調子が良いときに行けば何か得られそうな予感だけは感じました。またいずれ両方とも行ってブログに感想を書きたいと思っています。

10月下旬頃からやっと調子が上向いてきた感じ。
僕は冬生まれだからなのか、どうも秋~冬のほうが心身の調子も良いです。
今はもうほぼ問題ないと言えるところまで調子が戻ってきたので、また更新していきたいと思います。

ではここから本題。
大和三柱鳥居を見てきた(2)で「イッポウ登山部が登山して続報する」というところで終わっていましたね。今回はその続報の内容と、それに対する感想など。

郡上市役所に残る、造化三神について書かれたメモ。
そのメモを書いたのは、番組の調査で岐阜市在住の大野安一さん(80)とわかりました。
イッポウによる大野さんへの取材で、詳しい経緯も判明。

大野さんには地元の砕石会社の経営者だった、故・山村けいさんという実の姉がいました。
現在鳥居のある山も、当時はその砕石会社のものだった。
山村さんは県会議員の故・船戸行雄さんと親交があった。

船戸さんは信心深く、京都の木嶋神社の三柱鳥居に深い関心を抱いていて、山村さんにもたびたび三柱鳥居の話をしていたらしいです。
やがて船戸さんと山村さんの二人は、郡上の山の真ん中にも三柱鳥居を建てたいと考えるようになった。というのが大和三柱鳥居建立のいきさつです。
大野さんいわく「三本柱は最も安定している。岐阜県は日本の真ん中にあり、ここが安定すれば日本全体も安定する」
郡上市は当時の日本の人口重心地であったことから、郡上の山中に三柱鳥居を建てるというのは確かに道理にもかなっていたみたいですね。

鳥居建立から4年後、人々を鳥居周辺に呼んでさらに活性化させたいという思いから、山の開発計画も持ち上がったが、この計画は資金調達の難航などで破綻。その後、山は郡上市に寄付されることになり、通る人さえいなくなった林道は土砂崩れに埋もれ、三柱鳥居だけが今もそこにポツンと残っていると。

さて、皆さんはこの話、どうとらえますか?
現代人が建てた三柱鳥居に、神は宿るのか。いわゆる「神聖さ」はあるのかどうか。
そもそも「神聖」ってどういう事?という哲学的な話になって行きますね。

僕は、大和三柱鳥居はその建てられた経緯により、他の三柱鳥居と同じく神聖なものと見なすべきであると考えます。
このブログでたびたび書いているように、物質というものは人の思考や感情に呼応するものであるような気がします。
例えば古代から神社のご神体として祀られている巨石(磐座)なども、元はただの岩。人の信仰の対象となってはじめて磐座は神性を獲得し、長い年月をかけて独特の気配を漂わせる「ただの岩ではないご神体」へと移り変わっていく。逆に人からの信仰を失った磐座は再びただの岩になることもある。

大和三柱鳥居は日本という国の安定を祈願して建てられたという事で、そういう意味では確かに「神聖」だと言えると思います。
そして、少なくとも一人、大野さんという人が、その事実を知っていた。イッポウによる報道で、さらに多くの人が大和三柱鳥居の存在と、そこに込められた想いを知ったはずです。
それならば、大和三柱鳥居を神聖なものと考えることの是非が、建てたのが昔の人か現代人かという観点に拠るべきではないと僕は思いますね。
今現在は草ぼうぼうで寂れている大和三柱鳥居も、もし今後また山村さんや船戸さん、大野さんらと同じ心を持つ人が多く訪れるようなことになれば、由緒ある磐座のように「本物の神性」を獲得することもあるかと。

逆に、古い歴史と伝統のある神社であっても、そこに関わる人に恨みや欲望といった負の思念があれば、神聖どころか、呪われ穢れた場と成り果てなることもあるでしょう。
そう、富岡八幡宮とかね。

イッポウ登山部はというと、登頂して実物の大和三柱鳥居にたどり着く様子もわずかな時間だが放送されていた。そのルートは詳しくは明かされていなかったけど、僕の二回目の探索の時と同じ、尾根伝いルートだったようです。
現地調査等は特にされなかったようで、僕が記事で書いた、建立当時にはたしかに鳥居の下にあったはずの神座が今は跡形も無く消え去っている理由等の謎は、まだ謎のままです。と言うか、その神座の存在自体、番組スタッフはもちろん、メモを書いた大野さんももしかしたら気付いていないかもしれません…。
まあこんなところに興味を持つのは僕みたいなよっぽどの変わり者位でしょうけど(;´Д`)

あとまったくどうでもいい事ですが、文体をですます調に戻しました。単なる気分です。