Monthly Archives: 5月 2017

大和三柱鳥居を見てきた(2)

東海地方ローカルテレビ局であるCBCの報道番組「イッポウ」に、東海地方の噂を紹介する10分ほどの小さなコーナーがある。僕は普段この番組はもちろんTV自体ほとんど見ないが、4月21日の放送回の時はたまたまテレビ欄を見ていて「山頂に謎の三本の柱」の文字を見つけ、これはもしやと思い録画して見たらやはり大和三柱鳥居を取り上げていた。

郡上市役所への取材からはじまり、その話の中に貴重な情報があった。
大和三柱鳥居のある山は、以前は民間人が所有していたが、平成16年(今から13年前)に郡上市に寄付されたという。鳥居はそのときにはすでに建っていた。寄付の際、鳥居の写真と共に一枚のメモ書きも市に寄贈され、それは今も郡上市の市庁舎にあるそうだ。贈り主の情報は市に残っていないらしく、誰がメモを書いたのか、そして三柱鳥居を誰がなぜ建てたのかは市も把握していない。

そのメモの内容は次のとおり。

大和三柱鳥居
建立日平成6年8月1日

天と地がはじめて拓かれた時、既に、そこには三柱の神が成っておられたと神典は伝えております。その名は

天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
高御産巣日神(タカミムスビノカミ)
神皇産霊神(カンミムスビノカミ)
と称されます。

この三神が万物を創造され、以来無限のエネルギーを与えられ続けているのであります。三柱の姿・形を大宇宙に見るならばそれは「太陽」と「月」と「地球」であり、地球にあっては「水」と「光」と「空気」であります。そして人間社会にあっては「愛」と「理解」と「尊敬」と言えます。
三者それぞれ、独自のエネルギーが完全にバランスを保つよう一つに纏まることが大切であります。古来我が国では、最も安定した力を三本柱と称してきました。また日本民族の発祥以来皇統に伝わる三種の神器もこの事と無縁ではないと思います。
この三神、三体の偉大なる力とその働きを確信し、生き通すならばこの宇宙にはさらなる調和と繁栄がもたらされるでしょう。
写真は、日本列島の中央に位置する岐阜県美濃の国、郡上市大和町の静寂の地に建立された三神を象徴する三柱鳥居であります。
希望に満ちた太陽の光と糧を育む力強い大地、そしてそれを優しく見つめる赤い玉の影がご覧になれるでしょうか。

「イッポウ登山部」がGW明けに登山して大和三柱鳥居の実物を調査して続報すると言ってそのコーナーは終わった。
TVに先を越されるとなんだか負けた気がするので今回到達することが出来て良かった笑
イッポウ登山部はどんなルートで登るのか興味がある。

テレビ画面をスマホで撮ったものだが、これはその郡上市市庁舎にある、平成6年に鳥居が建てられた直後に撮られたと思われる写真。鳥居中心部の地面に注目して欲しい。黒い塊が写っているのがわかる。写真からは詳細はわからないが、これはおそらく神座(かみくら)だろう。神座とは、三柱鳥居の中心に積む石組みのことで、宇宙の中心をあらわすとされる。京都の木嶋神社のものをはじめ、全国7つの三柱鳥居の多くには神座が存在する。

しかし現在の大和三柱鳥居はこの神座が無くなっていて、小石一個すら見つからなかった。台風などで神座だけが吹き飛ばされたのかもしれないが、いくら台風でも石組みが全て跡形も無く吹き飛ぶとは考えにくい。人為的に神座だけが撤去された可能性の方が高いように思える。


鳥居そのものもよく観察してみた。文字の類は一切見つからなかった。ここ数年で人が祀ったような痕跡もないし、神聖な雰囲気は感じられない。
とはいえ鳥居には違いないので、柱に囲まれた中を踏まないように注意しながら、中からなんとなく空を見上げてみた。

このとき上空は一面の曇り空だったが、鳥居の真上だけぽっかりと雲に三角形の穴があき、そこから青い空が見えた。単なる偶然か、それとも…?


鳥居の隣には20m四方くらいのスペースがある。これはヘリ着陸用の場所だとも言われている。平成6年からまったく手入れされていないにしては、ここだけ草木一本生えていないのは変だ。すると今もヘリでここに着陸して手入れしている人がいるという事だろうか。だとしたら、なぜ三柱鳥居そのものは手入れせずに、かつて神座があった地面に草が生えたままになっているのだろうか。ますます謎が深まる。

天御中主神と国之常立神。両神は天と地とで対を成す神。古事記では、天御中主神をはじめとする三神は「造化三神」と言い、最初にこの世に登場する神とし、国之常立神はその次に登場するとされる。日本書紀では国之常立神が最初となっている。ちなみに、関連があるかどうかわからないが、この大和三柱鳥居から少し東に行くと、国之常立神を祭神とする御嶽山が鎮座している。2014年9月27日に噴火して51人が犠牲となったあの御嶽山だ。

もっとこの場に留まっていたかったが、時間はすでに3時半を回っていた。念のためヘッドランプも持ってきているとはいえ、この山を暗い中歩くことはとても危険に思えた。行きに4時間かかっていることを考えると長居してもいられなかったので、後ろ髪を引かれる思いで帰ることにした。

下山中、崩落した斜面で昼寝中のカモシカに遭遇した。こちらに気付くとものすごいスピードで駆け下りて逃げていった。僕もあの脚力がほしい。行きでルートを確保できたので、帰りはルート決めや足の運び方を考える必要があまりなくサクサク進んだ。しかし体力的にはほぼ限界だったので結局帰りでも2時間半かかり、車にたどり着いたのは日が沈む直前の6時過ぎだった。

行き帰りで計7時間。歩行距離は行きでルート探索のためうろちょろした距離を含めて計16kmにもなった。体力的には前回の尾根伝いルートのほうが距離が短くてずっと楽かもしれない(あのルートで雪解け後に鳥居まで到達できるかどうかは不明だが)。ともあれ、日本の神道由来の建造物のなかでもっとも到達困難なものの一つである大和三柱鳥居の実物を自分の目で見ることが出来て満足した。

大和三柱鳥居を見てきた(1)

前回の探索から約一ヶ月たった昨日。3度目の探索に行ってきた。今回は雪も完全に溶けていたので、北側の谷を遡上するルートを取った。前回、「北の谷ルートがもっとも楽に鳥居まで行ける可能性が高そう」と書いたが、結果から言うとまったく楽ではなく、何度も心が折れそうになった。

郡上市大和町に10:00頃に着き、早めの昼食をとった。そこから県道52号の山道を30分ほど走らせる。
途中に少し開けた場所があって、穂高山系が見えた。

谷に通じる林道の入り口付近に着くと、ちょうど車を停めるスペースがあったので、そこに駐車して登山開始。時間はおよそ11:00。

ヤマビル対策としてパンツの裾を靴下の中に入れ、その上にスパッツをつけた。これで靴や服の中に入ってくる可能性はずいぶん減るはず。万が一這い上がってきて食いつかれた時のために、撃退用として薬局で売っている消毒用エタノールを100均のスプレーボトルに入れたものも持ってきた。僕はエタノールをヤマビルに実際に使ったことは無いが、ネットの情報によるとけっこう効くらしい。ヤマビル撃退用の専用スプレーも市販されているが高価で、ほとんど使う機会がないのにわざわざ買うのもあれだしね。エタノールなら専用品より安い上に人体に無害で普通の殺菌剤としても使えて無駄がない。

もちろん熊よけの鈴や、地形図、GPS、水と携行食料など通常の登山装備も。最近の熊(ツキノワグマ)は人を恐れなくなって、特に東北地方では熊よけの鈴で逃げるどころか逆に人を獲物として襲って食べたという事例もあるらしいけど…。どうなんだろうね。

鳥居のある方向に道が通じている。この道は、車を停めた場所から3kmほど続いている。その先にも道の痕跡は続いているのだが、長い間人が通っていないようで、次第にどこが道なのかわからなくなってくる。

土砂崩れで道が塞がれていて迂回しなければいけなかったり、沢を横切らなければいけない場所も何箇所かあった。しかしこのあたりはまだ楽だ。どんどん先へ進む。

人の手が加わっていない自然の木はやっぱりどこか迫力が違うなあ。

かつては石を固めて作った橋があったらしい。完全に崩壊している。もう少し水量が多ければ渡れなかったかもしれない。写真真ん中付近にある石は僕が投げ入れて渡りやすくしたもの。もとから水に浸かっている石は踏むとツルツル滑るので転ばないように慎重に…。

スタートから6kmほど。ここまで来ると道の痕跡はほぼ消えていて、どこをどう歩くか常に考える必要があるので、進む速度も極度に遅くなる。ここまでですでに二時間ほどかかっている。

熊笹の群生に行く手を阻まれてしまった。最初に心が折れそうになった瞬間。もしこの熊笹がこの先延々と続いているようなら、帰りの時間も考えるととても進むことはできそうにない。もう少し先の様子を見てから引き返すかどうか決めようと、熊笹を掻き分けながらしばらく進んでみた。すると幸いにもこの群生は30mほどしかなくて、その先はまた普通に歩く事ができた。

…と思ったのもつかの間、熊笹より強敵だったのがこの木。先を見通せるので不安はないが、しならないので搔き分けて進むことがなかなかできない。あちこち引っかき傷を作り、服もボロボロ。二度目の心が折れそうになった瞬間。

スタートから3時間。ここから鳥居まで標高差約100mの急登を一気に登る。最後の障壁にして最難関だ。かつて道があったと思われるルートは土砂崩れで完全に埋もれてしまっていて、どう頑張っても登れそうになかった。大きく迂回するルートを取って一旦頂上に出た後、鳥居の方向までふたたび下った。道がないのにどうやって登ったかは秘密。真似する人が出て事故が起きても責任取れないので。

頂上付近にも木が密生していて、延々と前傾姿勢で下をくぐったり、大きくまたいで超えていかなければいけなかった。急登で体力をかなり消耗してからのそれはかなりきつかった。その上、普通の登山と違ってここは人が来る事はまずない。足をくじいたりして自力下山できなくなれば、死に直結する。想定以上に行きに時間がかかっている上に誰も来ない山で一人きり、携帯も当然繋がらない。疲れのせいか、この樹木がまるで抜け出せない牢獄のように錯覚して自然と焦りと恐怖がわいてくる。しかし焦りが一番事故の元なので、一旦深呼吸して「帰りの体力はまだ残っているしルートも見失っていない、恐怖感は錯覚で何も問題ない」と自分に言い聞かせて冷静さを保つようにした。いい精神の鍛錬になった気がする。

鳥居の近くまで来ると、再び人の手が加わった気配の感じられる道とひらけた土地がある。
スタートから4時間。ようやく大和三柱鳥居にたどり着いた。

2に続く。