Monthly Archives: 9月 2015

志摩の旅・月と伊雑宮

P9220062

21日、敬老の日。モリコロパークに続いてシルバーウィーク二回目となる旅へ行ってきました。
シルバーウィークに敬老の日があるとはよくできた偶然ですね。

今回の目的地は、三重県志摩市。

三重県は僕の住む愛知県のお隣とはいえ、志摩へ行くには伊勢湾をぐるりと回るため意外と距離があります。それにいつも渋滞している四日市市と伊勢神宮周辺を経由するのでけっこう時間がかかります。まずは四日市の渋滞を避ける為、ゴールデンウィークの奈良の旅でも通った山ルートを使い三重県へ。あの時と同様に、道中にある椿大神社へ参拝してきました。
時間はちょうどお昼時。神社の隣にある食事処で、僕は「伊勢そば」を、彼女はここの名物の「椿とりめし」を頼みました。
僕もとりめしを少し食べさせてもらいました。めちゃくちゃおいしい。これを食べるために椿大神社に来てもいいと思ったくらい気に入りました。なお伊勢そばは、つゆが伊勢うどんと同じものである以外はいたって普通のそばでしたw

そこからひたすら南下すること3時間。大混雑している伊勢神宮外宮・内宮は行かずに通過します。あの混雑振りで参拝もなにもあったものじゃないと思うけどみんなよく行くなあ…。志摩につながる国道32号線(伊勢道路)に入ると車も一気に減り、気持ちよくドライブできます。この伊勢道路を走っているとき、山中に清々しい神聖な気配を感じました。長野や岐阜の山中に行ったときも神気を感じることはたびたびありますが、この32号線で感じたそれは長野に比べてどことなく温かく、まだ夏の日差しの強さが残る太陽光とまじわって心地のよい感覚でした。

予約してあったホテルに荷物を置き、露天風呂にのんびりつかり、運転の疲れを癒します。今回のホテル、本来なら連休料金で一人あたり約13,000円なのですが、僕が宿探しをしようとしたちょうどその日にヤフートラベルから「1000人限定・宿泊代1万円引きクーポン」が届き、それを使って安く泊まる事ができました。僕が予約したのが最後の一部屋でした。このホテルのみならず、シルバーウィーク中に泊まれる宿自体がこのホテルの一部屋が最後だったんです。ラッキー!ホテル内レストランの食事もおいしく、部屋も広くて落ち着ける和室でとても良かったです。

この日の締めにリアス式海岸が見られる横山展望台へ行きました。夕日には一足遅かったものの、その代わりに志摩の夜景に浮かぶ月を見ることができました。

P9210025

翌朝、伊勢神宮内宮の別宮である伊雑宮へ初参拝。ここは僕が神社巡りをはじめた当初から訪れたいと思っていた神社のひとつです。

P9220086

鳥居をくぐるなりその清浄な空気感にはっとします。

P9220050

昨年11月に遷宮を終えたばかりで朝日を浴びてキラキラと輝く伊雑宮の新しい正殿。

P9220043

「今日ここに来られた事を感謝します」と心の中で念じて参拝を終えました。近頃僕は、神社に来てお願い事をすることが少なくなりました。特に心境の変化があったわけでもないのですが、ああしたいこうしたいと望む事が特に頭に浮かばないのです。特にこういう素晴らしい神社に来ている時はね。だから自然と感謝を神様に伝えるだけになりました。

今回は挨拶のみ。志摩もこれからの神社めぐりで何度も訪れることになると思います。伊勢神宮は、別宮、末社、摂社などあわせて125社あります。全て参拝したいと思っていますが、なかでも特に月読宮、佐美長神社、磯部神社は次に志摩に来た時に伊雑宮と合わせて参拝したいですね。理由はなく、ただ直感的に行きたいと思っただけです。それと、伊勢神宮の別宮ではないものの「いざわ」の音の繋がりがある伊射波神社もちょっと気になっています。

伊雑宮の裏神紋は六芒星であったと聞きます。過去には伊雑宮の灯篭に六芒星が刻まれていたそうですが、現在はどういうわけかありません。僕が伊雑宮に来たいと思ったのも、六芒星と関係しているというところからなんですよね。それは過去エントリーの「水と六の旅」にも繋がる話です。ではそもそもなぜ僕が六芒星に関心を持って神社巡りを始めたのか・・・そのあたりも来月あたりから書いていきたいと思います。

行きと同じく伊勢道路を通って帰りがてら、「天岩戸」と呼ばれている場所へも行ってきました。人はまばらで静か。滝と緑でここも非常に清らかな空気が流れていてとても癒されます。

P9220102

P9220112

P9220136

肝心の「天岩戸」の写真がない?実際に行ってみてくださいヽ( ´ー)ノ

思い出のモリコロパーク~ジブリの大博覧会

P9190023

思い出のマーニーとかけて。いや、僕はモリコロパーク(愛・地球博記念公園)を訪れたのは今回が初めてなんですけどね。
というわけで、現在モリコロパークで行われているジブリの大博覧会に行ってきました。シルバーウィーク初日という事もあって一般道もなかなかの混雑ぶりでしたが、モリコロパークは想像したよりはすいていました。

P9190030

P9190017

今回のイベントは「ジブリの大博覧会」と「思い出のマーニー×種田陽平展」の二種類があって、僕はジブリの大博覧会が見られればマーニーのほうはどちらでもいいなとすら思っていました。

結論から言うと断然「思い出のマーニー×種田陽平展」の方がおすすめ!
僕は思い出のマーニーの映画を観ていませんが、ポスターカラーで描かれた背景原画の数々を生で見て、芸術家の魂のようなものに直に触れられた気がしてひたすら感動しました。それに巨大で美しいジオラマセットや情景模型など。映画を見ていなくても楽しめました。これだけでも1,000円払う価値は十分あると思いましたね。

一方のジブリの大博覧会の方は、正直期待はずれ。映画公開当時のポスターやチラシ、新聞広告などの展示。それにアイデアノートやキャッチコピー原案の展示が主な内容。これはジブリ展というよりも「鈴木P展」と言うのが正解かな。個人的には心にぐっと来るものはありませんでした。

そんなジブリ展で唯一、トトロのキャラクターデザイン原案を元に製作されたぬいぐるみだけには惹かれました。映画になったトトロはわりと人間っぽい顔をしていて親しみやすいのですが、この原案のほうは怖いというか「違うの世界の住人らしさ」があります。僕はこっちの原案トトロのほうが好きですね。キャラクターグッズなどが売れるのはやっぱりかわいいほうの映画版トトロなんでしょうけど。

僕はトトロの映画は嫌いでもないが、たいして好きでもありませんでしたし、理由を言葉でうまく説明もできませんでした。このキャラクター原案を見てその理由がわかりました。映画になったほうのトトロは顔が人間っぽすぎて、サツキたちとトトロの交流が、僕には単なる「人間同士の交流」としか思えなかったんですね~。原案バージョンのトトロだったなら「子供と違う世界の住人の交流」という点によりリアリティを感じて、好きな映画になっていたかもしれません。こういう感想を抱くのは少数派でしょうか。

現在のモリコロパークにも花や緑がいくつか育てられていました。

P9190025
P9190028

P9190014

P9190060

エレベータで屋上に上がると、緑化されています。人がだれもいませんでした。ここらでちょっと神経が疲れてきたせいか、軽く現実逃避が入って「人類絶滅後に残された建造物」というような妄想をしながら写真を撮っていました。次の二枚はそんな記憶色に味付け。

P9190072

P9190062

日差しはまだ強くて暑いが、空はすっかり秋の雲。

P9190068

P.S.彼女ができました。