水と六の旅 ~ 三重・奈良(3)

奈良県山添村には数々の巨石・磐座が点在し、村の観光情報サイトにも巨石ミステリーコースというページがあります。神野山の鍋倉渓は全国的にも有名ですね。しかしこの日僕が最初に向かったのは、この観光案内ページには載っておらず、訪れる人も多くはなさそうな“岩尾神社”というところ。僕が知ったのもこの旅のつい一週間ほど前のことです。

P5030022

「神社と言うからには近くまで行けばすぐわかるだろう」と甘く見て、事前に正確なルートを調べていなかったのが誤算でした。神社のある大体の場所はわかっていたものの、実際に付近へ行ってみるとそこはカーナビにも道が表示されないようなまるで陸の孤島といった感じのところでした。とりあえず岩尾神社に通じていそうな道に適当に見当をつけて進んでいくと、そこは普通車が一台やっと通れる程度の道幅で、片側は崖。すれ違いゾーンもほとんど無いです。もし対向車が来たらアウト。不安を覚えながらも先に進むとやがて行き止まりになり、民家がありました。どうやら道を間違えたみたいです。住人らしい人が訝しげにこちらを見ていました。その人に岩尾神社への行きかたを聞くと、親切に教えてくれました。いきなり知らない車が来てびっくりさせただろうな^^;

来た道を引き返し、教えてもらった分岐点を観察すると小さな看板があり、「←岩尾神社」と書かれていました。この看板は注意していないと気付けません。その道もやはり先ほど同様に狭くて坂道で片側が崖となっています。このあたりに住んでいる人はきっと嫌でも車の運転が上手になると思う。対向車が来ないように祈りながらしばらく走ると、また民家が2~3軒ほどある場所へ到達・・・。それ以上車で進むとまた行き止まりになる予感が。ちょうど車一台がギリギリ停められるスペースを見つけたのでそこに車を停め、歩いて先へ進むと左手に坂があり、その上に目的の岩尾神社がありました。

P5030069

静かです。音と言えば鳥の声しか聞こえません。参道は石階段。こういう山中の神社の石階段では、足元ばかりに注意していると頭上から糸でぶらさがるクモや芋虫といったブービートラップにひっかかることになるので要注意・・・。

DSC_0160

←おわかりいただけただろうか。

石階段を途中まで登った時、再びあの「空気が重い」感覚が。上にあるものが見えていないだけに余計に畏怖を感じつつ、階段を上がりました。

DSC_0161

拝殿の背後に鎮座していた岩尾神社の磐座。それは巨石でありながら今にも動き出しそうな生命感があり、圧倒的な存在感がありました。

DSC_0163

この磐座を前にして、しばらくの間呆然としてしまいました。中央の白い十文字は削られているのではなく浮き出ており、10m以上はある後方まできれいな直線が続いています。自然のものではないのは明らかです。ではこれをつくったのはいつの時代の、どんな人々なのか・・・どんな技術を使ったのか。この十字にどういう意味が?

同日に見た伊賀の磐座も立派で、古代に思いを馳せる楽しさなどあって魅力十分でしたが、物としての印象としてはあくまで「岩」でした。しかしこの岩尾神社の磐座はどこか艶かしさのようなものが感じられ、岩と呼ぶことも憚られます。その存在感に圧倒されるばかりで観察するのも忘れて写真もあまり撮ってきていません。神社はきれいに掃除されており、毎年秋になるとこの磐座の前で、子供が川原で拾ってきた小石を大人が買い取る「石売り行事」という祭りが行われるそうです。ふと、「磐座というものはその場にいる人の思いや存在そのものと呼応・共鳴してはじめてその神性が保たれるのではないか」という考えが頭に浮かびました。また必ずこの磐座に会いに来ます。

この時点で時間はまだ午前10:30。まだまだ時間は十分にあります。しかし伊賀で感じた疲労感がさらに強まり、帰るかどうか迷い始めました。少し考えて、当初予定していた大阪~六甲までは諦めるとして、奈良県内の目的地だけでも見てまわることにしました。

P5030024

山添村のお店の看板にある丸十字のシンボルマーク。この旅ではやけに「十字」と出会います。伊賀の勧請縄の“吊られた丸十字”に、岩尾神社の十文字、それにこの看板。関連性があるのか、それともただの偶然か。実はこの丸十字のシンボルは一年以上前から僕個人にとっても非常に意味があるシンボルマークで・・・それがこの「水と六の旅」で見つかる十字と繋がるのかそうでないのか、僕自身にもわかりません。僕にとって丸十字がどのように意味があるのか、その話はまたいずれ。

(4)へ続く。


2 Comments

  1. 返信
    tortoise 2015.05.22

    こちらでは初めてコメントさせていただいきます。

    岩尾神社の磐座の写真、画面にぱっと出た瞬間、怖くて心臓が高鳴りました。
    わたしは、山の深い所には畏れる気持ちがあって怖くて一人では入れないのだけど、そんな感覚になりました。
    何物かに見られている感覚ですね。
    悠さんの写真で十文字もよく見たいのだけど、あんまりじっと見ていられません。
    写真だけでも凄い迫力が伝わりました。

    • yuu
      返信
      yuu 2015.05.23

      >tortoiseさん

      初コメありがとうございます。
      写真だけでも怖いと感じる石ってありますよね。僕の場合は遠野の続石がそれですね。
      磐座との相性みたいなものってあるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。