大和三柱鳥居を見てきた(2)

東海地方ローカルテレビ局であるCBCの報道番組「イッポウ」に、東海地方の噂を紹介する10分ほどの小さなコーナーがある。僕は普段この番組はもちろんTV自体ほとんど見ないが、4月21日の放送回の時はたまたまテレビ欄を見ていて「山頂に謎の三本の柱」の文字を見つけ、これはもしやと思い録画して見たらやはり大和三柱鳥居を取り上げていた。

郡上市役所への取材からはじまり、その話の中に貴重な情報があった。
大和三柱鳥居のある山は、以前は民間人が所有していたが、平成16年(今から13年前)に郡上市に寄付されたという。鳥居はそのときにはすでに建っていた。寄付の際、鳥居の写真と共に一枚のメモ書きも市に寄贈され、それは今も郡上市の市庁舎にあるそうだ。贈り主の情報は市に残っていないらしく、誰がメモを書いたのか、そして三柱鳥居を誰がなぜ建てたのかは市も把握していない。

そのメモの内容は次のとおり。

大和三柱鳥居
建立日平成6年8月1日

天と地がはじめて拓かれた時、既に、そこには三柱の神が成っておられたと神典は伝えております。その名は

天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
高御産巣日神(タカミムスビノカミ)
神皇産霊神(カンミムスビノカミ)
と称されます。

この三神が万物を創造され、以来無限のエネルギーを与えられ続けているのであります。三柱の姿・形を大宇宙に見るならばそれは「太陽」と「月」と「地球」であり、地球にあっては「水」と「光」と「空気」であります。そして人間社会にあっては「愛」と「理解」と「尊敬」と言えます。
三者それぞれ、独自のエネルギーが完全にバランスを保つよう一つに纏まることが大切であります。古来我が国では、最も安定した力を三本柱と称してきました。また日本民族の発祥以来皇統に伝わる三種の神器もこの事と無縁ではないと思います。
この三神、三体の偉大なる力とその働きを確信し、生き通すならばこの宇宙にはさらなる調和と繁栄がもたらされるでしょう。
写真は、日本列島の中央に位置する岐阜県美濃の国、郡上市大和町の静寂の地に建立された三神を象徴する三柱鳥居であります。
希望に満ちた太陽の光と糧を育む力強い大地、そしてそれを優しく見つめる赤い玉の影がご覧になれるでしょうか。

「イッポウ登山部」がGW明けに登山して大和三柱鳥居の実物を調査して続報すると言ってそのコーナーは終わった。
TVに先を越されるとなんだか負けた気がするので今回到達することが出来て良かった笑
イッポウ登山部はどんなルートで登るのか興味がある。

テレビ画面をスマホで撮ったものだが、これはその郡上市市庁舎にある、平成6年に鳥居が建てられた直後に撮られたと思われる写真。鳥居中心部の地面に注目して欲しい。黒い塊が写っているのがわかる。写真からは詳細はわからないが、これはおそらく神座(かみくら)だろう。神座とは、三柱鳥居の中心に積む石組みのことで、宇宙の中心をあらわすとされる。京都の木嶋神社のものをはじめ、全国7つの三柱鳥居の多くには神座が存在する。

しかし現在の大和三柱鳥居はこの神座が無くなっていて、小石一個すら見つからなかった。台風などで神座だけが吹き飛ばされたのかもしれないが、いくら台風でも石組みが全て跡形も無く吹き飛ぶとは考えにくい。人為的に神座だけが撤去された可能性の方が高いように思える。


鳥居そのものもよく観察してみた。文字の類は一切見つからなかった。ここ数年で人が祀ったような痕跡もないし、神聖な雰囲気は感じられない。
とはいえ鳥居には違いないので、柱に囲まれた中を踏まないように注意しながら、中からなんとなく空を見上げてみた。

このとき上空は一面の曇り空だったが、鳥居の真上だけぽっかりと雲に三角形の穴があき、そこから青い空が見えた。単なる偶然か、それとも…?


鳥居の隣には20m四方くらいのスペースがある。これはヘリ着陸用の場所だとも言われている。平成6年からまったく手入れされていないにしては、ここだけ草木一本生えていないのは変だ。すると今もヘリでここに着陸して手入れしている人がいるという事だろうか。だとしたら、なぜ三柱鳥居そのものは手入れせずに、かつて神座があった地面に草が生えたままになっているのだろうか。ますます謎が深まる。

天御中主神と国之常立神。両神は天と地とで対を成す神。古事記では、天御中主神をはじめとする三神は「造化三神」と言い、最初にこの世に登場する神とし、国之常立神はその次に登場するとされる。日本書紀では国之常立神が最初となっている。ちなみに、関連があるかどうかわからないが、この大和三柱鳥居から少し東に行くと、国之常立神を祭神とする御嶽山が鎮座している。2014年9月27日に噴火して51人が犠牲となったあの御嶽山だ。

もっとこの場に留まっていたかったが、時間はすでに3時半を回っていた。念のためヘッドランプも持ってきているとはいえ、この山を暗い中歩くことはとても危険に思えた。行きに4時間かかっていることを考えると長居してもいられなかったので、後ろ髪を引かれる思いで帰ることにした。

下山中、崩落した斜面で昼寝中のカモシカに遭遇した。こちらに気付くとものすごいスピードで駆け下りて逃げていった。僕もあの脚力がほしい。行きでルートを確保できたので、帰りはルート決めや足の運び方を考える必要があまりなくサクサク進んだ。しかし体力的にはほぼ限界だったので結局帰りでも2時間半かかり、車にたどり着いたのは日が沈む直前の6時過ぎだった。

行き帰りで計7時間。歩行距離は行きでルート探索のためうろちょろした距離を含めて計16kmにもなった。体力的には前回の尾根伝いルートのほうが距離が短くてずっと楽かもしれない(あのルートで雪解け後に鳥居まで到達できるかどうかは不明だが)。ともあれ、日本の神道由来の建造物のなかでもっとも到達困難なものの一つである大和三柱鳥居の実物を自分の目で見ることが出来て満足した。

7 Comments

  1. 返信
    大園康志 2017.05.17

    ご苦労さまでした!私たちイッポウ登山部も間も無く山頂を目指します。よろしければ、連絡先を教えて頂けないでしょうか?お話したいです。

    • yuu
      返信
      yuu 2017.05.18

      コメントありがとうございます。
      メールを送らせて頂きました。

  2. 返信
    sazanamijiro 2017.08.05

    三角に空いた雲が、なんだかすごいですね。

    蚕の社の三角鳥居しか知らなかったので、勉強になりました。

  3. 返信
    どう思われますか 2017.08.06

    こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

    ① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

     地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

     こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

    ② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

     地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

     中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

     こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

     (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

    ③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

     (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)

    ④ 『私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

     (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。

  4. 返信
    7回目の終了です(その3) 2017.10.16

    こんにちは。いつも興味深く拝見しております。8月6日にコメントをさせていただいた者ですが、有り難う御座いました。科学の先端の現場でも色々な説があって争いが有るそうですね。

    ところで話は変わりますが、「終末予言」について、ご興味をお持ちでしょうか。

    世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)
    世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

    ★(追記)
     上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

    どう思われますか。

    • yuu
      返信
      yuu 2017.12.02

      返事が大変遅くなってすみません。
      しかしながら、上の「どう思われますか」の質問と「終末予言について」ですが、僕はいまのところこの質問に答えられるだけの十分な知識を持っていないので、コメントは控えさせてもらいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。